太陽光発電

自家消費型産業用太陽光発電の特徴!メリットや注意点について徹底解説!

最終更新日:2022.05.24太陽光発電

自家消費型太陽光発電の特長!メリット・デメリットを徹底解説!

これまで太陽光発電といえば、発電した電気を電力会社へ売電していく「売電型」が主流でした。しかし、太陽光発電の普及などによる固定買取価格下落によって、自家消費という運用方法についても注目されています。

そこでこの記事では、自家消費型太陽光発電の特徴やメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

FIT制度に頼らない運用方法について関心を持っている方や電気代を削減したい方などは、参考にしてみてください。


電気料金の高騰

年々上がってゆく電気料金は知らず知らずのうちに経営を圧迫しています。
とくに、近年の電気料金の高騰はとどまることを知らず今後も値上がりしていくことは避けられそうもありません。

いったい何が原因で電気代は高騰するのでしょう?

一般的な電気料金は、次のように計算されて請求されます。

基本料金(最低料金)+電力量料金±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金
※上記に消費税が加算されます。

上記4項目のいずれかが値上げされると電気料金が値上がりします。
電力会社・電気料金プランによっては上記以外の項目が加算されることもあるので、契約書を確認してみましょう。

燃料費調整額の値上がりは「液化天然ガス」などの高騰が原因

2021年9月から、東京電力EPや関西電力など各社の電気料金が値上がりしつづけています。
主な原因は、石炭や液化天然ガス(LNG)などの輸入価格高騰の影響で、燃料費調整額が値上げされているためです。

「なぜ電気料金の値上げに石炭や液化天然ガスが関係しているの?」と疑問に思う方も少なくないでしょうが、日本国内の電気の”発電事情”が深く関係しています。
日本の電気事業者が発電している電気の多くは石炭や液化天然ガス(LNG)などを燃料とした火力発電からのもの。全体の発電電力量に対して、石炭は29.7%、液化天然ガスは37.6%も占めていて、石炭と液化天然ガスに依存していることがわかるでしょう。さらに、ほとんどの燃料を海外からの輸入に頼っているため、石炭や液化天然ガスが高騰すると、電気料金も比例して値上がりしてしまうというわけです。

今後の電気料金は2倍以上の高騰!?太陽光発電と蓄電池で自給自足を!


自家消費型太陽光発電とは?

太陽光発電のうち売電型は、発電した電気を電力会社へ売ることができる設備を指します。一方、自家消費型太陽光発電は、売電可能な回路を取り除いた設備で、これからの再生可能エネルギー業界で主流になる可能性があります。

まずは、自家消費型太陽光発電の概要や特徴について確認していきます。

発電した電気は売電しない

自家消費型太陽光発電は、太陽光パネルで発電した電気を売電せず、自家消費に回すことができる設備を指しています。

中でも全量自家消費型太陽光発電は、発電した全ての電気を自宅や自社で消費できるのが特徴です。
売電収入より自家消費による電気代削減効果の方が大きい場合は、全量自家消費型を検討してみるのも大切です。

自家消費フロー図

全量以外の自家消費型太陽光発電は、発電した電気の一部を自家消費し、残りの電気を売電でき、余剰買取方式とも呼ばれています。
出力10kW未満の住宅用太陽光発電など一部の設備は、余剰買取方式でのみFIT制度の認定を受けられます。
なお、出力50kW以上の産業用太陽光発電は、全量買取と余剰買取どちらも対応可能です。
ソーラーシェアリングなど一部の太陽光発電は、出力10kW以上50kW未満でも全量買取が認められています。

逆潮流防止などの工事によって切り替えられる

売電型の太陽光発電から全量自家消費型太陽光発電へ切り替えるには、逆潮流防止回路の追加工事を含む切り替え工事が必要です。

太陽光発電の逆潮流回路とは、太陽光パネルで発電された電気を電力会社側へ送電される回路のことです。
反対に潮流回路は、電力会社から送電された電気を自宅やオフィスなどで供給される回路を指します。

逆潮流防止回路が機能していない場合、誤って電力会社側へ送電される場合もあり、パワーコンディショナの故障や発電ロスにつながります。

全量自家消費型太陽光発電の切り替え工事は、実績豊富な太陽光発電施工業者へ相談してみるのが大切です。

蓄電池の併用でも自家消費可能

太陽光発電と蓄電池を併用した場合は、自家消費できるようになります。

太陽光発電用の蓄電池は、太陽光発電から発電された電気を容量いっぱいまで蓄えられます。
また、任意のタイミングで放電できるため、消費電力量の多い時間帯に自家消費することが可能です。

自家消費型太陽光発電は、発電した電気を任意のタイミングで蓄えたり消費したりできません。
太陽光発電用の蓄電池と連携した場合は、消費電力の少ない時間帯の余った電気を蓄えておき、消費電力の多い時間帯に自家消費できるようになります。

電気代の負担を少しでも抑えたい時は、自家消費型太陽光発電と蓄電池の併用もおすすめです。

自家消費蓄電池

蓄電池の導入には、専門業者や販売店から本体を購入し、設置と太陽光発電との連携工事を行なう必要があります。
蓄電池の本体や設置費用は、蓄電容量や設置業者によって変わります。

弊社サービス「エコでんち」では、蓄電池の見積もりから設置工事、アフターフォローまで全てご対応します!
蓄電池の導入を検討している方は、1度お問い合わせください。


自家消費型太陽光発電のメリット

自家消費型太陽光発電は、売電収入より電気代削減に注目している方などに適した運用方式です。

続いては、自家消費型太陽光発電のデメリットを1つずつ確認していきましょう。

電気料金削減効果を伸ばしやすい

自家消費型太陽光発電は、売電を中心とした太陽光発電と比較して電気料金削減効果を伸ばしやすい運用方法です。

売電型の太陽光発電で電気料金を削減するには、売電量を増やすだけでなく高い買取単価で売電していくのも重要なポイントです。
しかし、FIT認定を受けた太陽光発電は、固定買取価格でしか売電できません。また、固定買取価格は年々下落傾向です。

FIT買取価格グラフ

一方、自家消費型太陽光発電は売電しないため、発電量や発電効率に力を入れれば電気料金の削減額を伸ばせる可能性があります。
さらに余った電気は、蓄電池に蓄えることで非常時に使用したり消費電力の多い時間帯に利用したりできます。

FIT(固定買取)制度の影響を受けない

全量自家消費型太陽光発電は、FIT制度に関するさまざまな影響を受けることなく稼働し続けられます。

FIT制度は、太陽光発電の固定買取価格や固定買取期間、買取方法、その他細かなルールについて定められています。
さらに固定買取価格は毎年改定されています。

固定買取方式やFIT認定に関するルールなども定期的に変更されているので、かなりFIT認定者には負担がかかりますね。

全量自家消費型太陽光発電を導入しておくと、ルール変更などによるリスクや新たな規制による変更・追加の手続きを避けることが可能です。
今後もFIT制度の内容は変化する可能性があるため、既に売電型太陽光発電を導入している方も全量自家消費について検討してみてはいかがでしょうか。

災害時は非常用電源として活用できる

自家消費型太陽光発電は、災害時など緊急時に非常用電源として活用できます。

住宅用太陽光発電を設置している場合は、自立運転モードで切り替えることで停電時にも稼働でき、発電した電気のすべてが自家消費になります。
太陽光発電用のコンセントを使えば停電時に使用することができ、照明やその設備などへ供給できるようになります。

世界は脱炭素社会へ転換

また世界的な動きとして脱炭素社会への転換が求めらており、環境問題への企業責任が問われる時代でもあります。

日本でも2050年までにカーボンニュートラルでCO2排出目標を差し引きゼロにする目標を掲げています。

やがてCO2の削減目標の提示が義務化され、目標を達成できない企業にはペナルティが課せられる予定です。

CSR ESG投資 CO2排出削減

脱炭素に取り組んでいない企業は出資も受けられず、RE100を掲げている企業としてアップルなどでは製造、
運搬などの下請けサプライチェーンにもCO2の削減目標を課しており、取引先としても認められなくなります。
それが世界の標準であり、企業としてCO2削減、省エネなどに取り組むことがこれまで以上に重要になってきています。

自家消費型太陽光発電補助金を活用してお得に導入

今なら自家消費太陽光発電システムに各種補助金もでているのでお得に導入ができます。

詳しくは下記フォーマットからお問い合わせください。

簡単
30秒

蓄電池・V2Hのお見積り依頼

郵便番号を入力

相見積もりの最安値率驚異の98%!

エコでんちのココがすごい!

  • 業界最安値レベルの価格
  • 豊富な施工実績
  • 安心・充実のアフターサポート
  • 「うちエコ診断士」による対応力

簡単
30秒

太陽光のお見積り依頼

郵便番号を入力
蓄電池と同時見積り

相見積もりの最安値率驚異の98%!

エコでんちのココがすごい!

  • 業界最安値レベルの価格
  • 豊富な施工実績
  • 安心・充実のアフターサポート
  • 「うちエコ診断士」による対応力

自家消費型太陽光発電のデメリット

自家消費型太陽光発電は、経済的メリットを得られる一方、費用面や運用方法についてデメリットや注意点があります。

続いては、自家消費型太陽光発電のデメリットを確認していきます。

売電収入は得られない

売電収入が欲しい方にとって全量自家消費型太陽光発電や余剰買取型の太陽光発電は、デメリットと感じる可能性もあります。

売電型は、発電した電気を収益として得たい場合に適しています。
設置場所の日照時間や発電効率、初期費用と固定買取価格のバランスによっては、自家消費型より利回りの高い運用方法といえます。

ただし、太陽光発電の固定買取価格は毎年下落傾向ですし、電気料金の値上がり傾向といった問題もあります。
このように売電型のみがメリットの多い運用方法ではありません。

太陽光発電を検討する時は、売電収入だけにとらわれず自家消費による電気料金削減効果についてもシミュレーションしてみるのが大切です。

電気代の削減を目指すには効率よく自家消費する必要がある

自家消費型太陽光発電で電気料金の負担を抑えるには、自家消費の方法について工夫する必要があります。

1日の中で消費電力の多い時間帯は、状況によって変わります。
そのため、太陽光発電で発電した電気と時間と消費電力の多い時間が、ずれるケースも出てきます。

そこで蓄電池の導入が重要なポイントです。

太陽光発電用の蓄電池は、単に電気を蓄えたり放電したりするだけでなく、
自動制御によって状況に応じた電力のコントロールを行ってくれます。
たとえば、1日の消費電力量を計測し、時間帯や消費量に合わせて充電と放電を繰り返す機能があります。

自家消費型太陽光発電の効率的な運用には、発電効率や初期費用の安い業者への発注の他、蓄電池の導入も大切です。

定期的にメンテナンス費用がかかる

自家消費型太陽光発電は、売電型の太陽光発電と同じくメンテナンス費用が発生します。

売電型の太陽光発電であれば、売電収入からメンテナンス費用を捻出できます。
しかし、自家消費型太陽光発電は売電収入を得られないため、自家消費によって浮いた固定費やその他方法で捻出しなければいけません。

自家消費型太陽光発電を検討の際は、維持費用を電気代削減によって残った予算やその他貯蓄から負担できるかあらかじめ考えておく必要があります。


まとめ

自家消費型太陽光発電はFIT制度に左右されない!

自家消費型太陽光発電は、発電した電気を電力会社へ売らず、自宅や自社のオフィスなどで消費していく運用方式を指しています。
また、個人や法人が導入できる方式で、電気代削減効果といったメリットを伸ばせるのも大きな強みです。

電気代の削減方法について考えている方や売電型太陽光発電では収支バランスを維持できない方は、
今回の記事を参考に自家消費型太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

エコでんちは、ご家庭に合った蓄電池の選定や提案、シミュレーションなどといったサポート対応を行っております。

詳しくは、エコでんちにご相談ください。

メガソーラー等の産業用太陽光発電システムの販売を多く手がけてきた実績と
お客様第一主義を掲げたサービスにより、たくさんのお客様に選ばれています。

エコでんちが選ばれる理由

  • オンラインで非対面・非接触のご相談が可能

    ネット販売に特化することにより、ご自宅への訪問がないのでウイルス感染もなく安心、安全です。その代わりコールセンターと資料を共有できる最新オンラインシステムによりお客様の質問にお答えします。設置を希望される方は、ご契約後に設置調査のため施工技術者がお客様宅にお伺いします。

  • 環境省有資格者が最適な製品をご紹介

    環境省認定の公的資格である「うちエコ診断士」と「うちエコ相談員」の資格を取得した専門アドバイザーが、100種類以上ある蓄電池の中から最適な商品をアドバイスします。
    さらに太陽光発電システム・家庭の省エネ・省CO2対策や、家計診断サービスによる光熱費削減のアドバイスも可能です。

  • 超特価仕入れが可能にした業界最安水準でご提供

    グループ会社でメガソーラーなどの太陽光発電システムや産業用蓄電システム、そして風力発電システムを多数販売し、住宅用蓄電池や太陽光発電システムでも業界最大級の販売実績があります。
    各メーカーから大量仕入れすることで、低価格でのご提供を可能にします。

  • 施工実績12,000件突破!安心と品質の高い工事

    エコでんちは一般建設業の許可を所有し、ハウスメーカーと同様に責任感のある2重の保証体制を構築するために元請け施工を採用しております。
    各種メーカー施工IDを所有しており、施工内容や部材にもこだわった実績のある施工店のみと提携し、一般施工基準よりもさらに厳しい基準での工事をお約束します。

  • 業界初!10年自然災害補償+15年工事保証

    エコでんちなら全ての商品(蓄電池・太陽光システム・V2H)に保険会社と提携した自然災害補償を無料で10年お付けしているので、自然災害や盗難の心配もなく安心です。
    さらに工事瑕疵保証も保険会社と提携し業界最長15年間、最大1億円を標準でお付けしているので、導入後も安心です。

  • 業界最高クラス!充実のアフターサポート

    エコでんちではお客様サポートセンターを併設しており、ご質問やトラブルにも迅速な対応が可能です。
    さらに蓄電池はもちろん既設の太陽光やエコキュートなどの住宅設備、カギの紛失、水回りの不具合や遠方の身内の方の安否確認まで24時間365日対応可能な駆けつけサービスを1年間無料で付帯しています。
    ※翌年からは月額1,000円で継続利用が可能です。自動更新ではないのでご安心ください。

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP