よくある質問

Q

リチウムイオン電池はどのような分野で活用されていますか。

A

携帯機器だけでなく、自動車や通信分野、産業分野にも活用されています。

1990年代の実用化以降、

高いエネルギー密度を保ちながらも小型化が可能であるリチウムイオン電池は、

従来の蓄電池に代わって急速に普及することになりました。

リチウムイオン電池は、

車両分野・通信分野・産業分野・建設分野・再生可能エネルギー・携帯機器と、

幅広い分野で活用されており、現代の生活には欠かせないものとなっています。

再生可能エネルギー設備におけるリチウムイオン電池の活用

東日本大震災以降、化石燃料や原子力に依存しないクリーンな発電方法として

注目が高まっている再生可能エネルギー設備。

環境に良いのは間違いありませんが、その性質上季節や環境によって、

エネルギー出力が安定しないため大量に導入が進んだ場合には、

系統に何らかの影響が発生するのではないかということが懸念されています。

この問題を解決する要素技術としても、リチウムイオン電池は注目されています。

再生可能エネルギーにレドックスフロー電池やNAS電池を併設する試みは以前から行われていますが、

今後リチウムイオン電池のコストが下がっていくのであれば、

系統安定化用電池の主流になるのではないかと予測されています。

  • 蓄電池蓄電池

    蓄電池のメリットや
    仕組みについてご紹介します。

  • 太陽光発電太陽光発電

    太陽光発電システムのメリットや
    仕組みについてご紹介します。

  • よくある質問よくある質問

    蓄電池や太陽光発電の選び方や
    施工などに関する
    よくある質問をご紹介します。

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP