お役立ち情報

太陽光発電を後付けする費用とは?取付時の注意点やメリットも紹介

2021.12.27お役立ち情報

 

世界中で再生可能エネルギーへの注目が集まっており、なかでも太陽光発電システムの設置を考えられる方は年々増えてきています。

住宅を建てられた後でも、太陽光発電システムを後付けすれば自宅でそのまま電気を活用できるため、電気代削減が期待できます。

また、発電したものを自宅で使用し、余った電気については売電することで収入を得ることも可能です。

 太陽光発電を後付けする際の費用 

太陽光発電を後付けする場合には、主に以下の費用が発生します。   

費用名 詳細 費用相場
部材費 太陽光パネルや架台などの費用 1kWhあたり約20~30万円
設置費 上記の設置にかかる費用※部材点数や工事内容によって異なる 約10~30万円
足場設置費 作業する際に使用する足場の費用 約10~20万円
配線工事費 ケーブルを接続する工事費用 約10万円

太陽光発電システムは設置できる容量(kW)や、屋根の材質による金具の違いなどによって価格が異なります。

また工事内容によっても価格が変わってくるため事前に工事内容は確認が必要です。

例えば、5kWのものを後付けするとしましょう。 

・部材費:100万円(5kW×20万円)

・設置費:約20万円

・足場代:約10万円 

・配線工事費:約10万円 

この場合はおおよそ140万円近くの費用となります。ただし、設置条件によって価格に大きく差が出る場合もあります。

詳細な価格に関しては、販売店との打ち合わせを行うことをオススメします。



太陽光発電の後付け工事で注意したい点 

太陽光発電システムを後付けする場合は、以下のポイントに注意すると良いです。 

・パネルの載り方は最適かどうか 

・販売店、施工店選びは慎重に

この2つをしっかりチェックすることで、設置後のトラブル防止につながります。

せっかく高額な投資をして導入した太陽光発電システムで失敗しないためにも、ぜひ確認してください。 

太陽光パネルの載せ方は最適?

太陽光パネルは、ただ載せられるだけ載せれば良いというものでもありません

設置する方面が屋根の南面なのか、東西面なのかで発電効率は異なりますし、影の影響を受けない場所に設置されているかも確認が必要です。

また、太陽光発電システムは数十枚のパネルを数本の配線ケーブルで繋いでいます。

その繋ぎ方や何枚ずつ繋げているかなどによっても、発電効率が変わるため最適な載せ方になっているかは確認した方が良いです。

(例)合計30枚設置する場合、以下のどちらで接続する方が効率が良さそうか

・パネル5枚ずつを6本のケーブルで接続するのか

・パネル10枚ずつを3本のケーブルで接続するのか

またこの場合に電柱などの影の影響を受けないか など

種類や大きさの違うパネルを組み合わせて設置するときは特に注意が必要です。

場合によっては設置するパネルの枚数を減らして、合計の設置容量(kW)を少なくした方が効率が良く発電量が高かった、なんてこともあります。

最適な載せ方・配線になっているかを確認することで、無駄な部材の費用を抑えられたり最大限、太陽光発電を活かして電気代削減ができるようになります。

販売店・施工店選びに気をつける

太陽光発電を後付けする場合には、良い販売店や施工店なのかの業者選びは非常に重要です。

特に、太陽光発電の設置実績が少ない施工店や、価格が相場からかけ離れて安い販売店には注意しましょう。

これらの業者で購入した場合に怖いのが、万が一の火災などの事故です。

設置実績が少ない施工店は、そもそも設置実績を増やすために相場より安い価格で販売することもあります。

また激安販売店の中には工事費用を下げて適当な工事を行っていたり、人件費を削るために電気工事士などの資格をもたない無資格者に施工させている業者もあります。

こういった悪徳業者で購入しないためには、以下のような内容を確認するといいでしょう。

 

・設置実績の数値や、実際に設置した写真を「お客様の声」などで明確に提示しているか

・工事内容や保証に対しての説明を行っているか

・不必要なサービスが見積りに記載されていないか

・メリットだけでなく、デメリットや注意点もしっかり伝えてくれるか

家庭用蓄電池の選び方で失敗や後悔をしないための豆知識を紹介


太陽光発電の蓄電池を後付けするメリット 

住宅の屋根に太陽光発電システムを後付けするとメリットは以下が挙げられます。

・日中の電気代削減ができるようになる

・災害や停電時の非常用電源として活用できる

・断熱効果が高まる 

日中の電気代削減ができるようになる

住宅で太陽光発電システムを導入した場合、発電した電気はまず家庭内で消費されます。

つまり晴れの日であれば太陽光発電からの電気で日中の電気代がまかなえることになります。

事実、エコでんちにお問合わせいただいた方で太陽光発電システムを導入されている方のほとんどが、昼間の時間帯の電気使用量は5~50kwh/月になっています。

オール電化住宅の場合は昼間の電力単位が最も高いため、その分を削減できるのは太陽光発電だからこそのメリットです。

災害や停電時の非常用電源として活用できる

停電が発生した場合は自立運転モードに切り替えることにより、家庭内に設置した専用コンセントから最大1500Wまで電気を使うことができます。

太陽光から発電している時間帯に限られますが、テレビでの情報収集や携帯電話の充電などができるので安心ですね。

もし災害対策を重視される場合は、太陽光発電と連動する定置型蓄電池や、持ち運びができるポータブル蓄電池などの設備と合わせると停電時にも普段に近い生活ができます。

後付けで家庭用蓄電池を設置する2つの方法とメリット・デメリット

断熱効果が高まる

実は太陽光発電システムのメリットには「断熱効果」もあります。

屋根の上に太陽光パネルを設置することにより、夏場は屋根への直射日光を遮り、冬場は外部への放熱を抑えることができます。

そのため2階建て住宅の場合、2階の部屋は夏は涼しくなり冬は暖かくなります。

結果的に冷暖房機器の仕様が減るため、さらに電気代が節約できることになります。

また、紫外線を遮ってくれるため屋根材が傷みにくくなることも太陽光発電のメリットですね。


売電収入や削減効果の計算

太陽光発電システムを設置するにあたってどのくらい収入が見込めるかは気になりますよね。

自然災害が増えている影響で、停電時の対策として導入される方も増えていますが、やはり多くの方が売電収入によるメリットを考えています。

年間売電収入の目安は太陽光パネルの容量(kW)と年間の発電量予測(1100kWh)、売電単価(19円/2021年)で計算ができます。

また経済産業省の資料『地域活用要件について』によると、住宅用太陽光発電の平均的な自家消費率は30%となっているため、全体の発電量の70%が売電される分となります。

これらをもとに計算すると、例えば以下のような売電収入の計算ができます。

(例)設置容量4.0kW、売電単価19円の場合

(「容量4.0kW」×「1100kWh」×「19円」×0.7=58,520円/年

これに加え、電気代の削減効果がどのくらいになるのかも計算が必要です。

合計発電量の30%が自家消費となるため、上記の例でいくと

(容量4.0kW×100kWh)×0.3=1320kWhが削減できる電気代となります。

これに電気代の単価を当てはめていくと、削減効果が算出できます。

(例)東京電力「スマートライフプラン」の場合(日中単価25.80円)

1320kWh×25.80円=34,056円/年

さらに、再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)の削減効果も加わります。

2021年度の再エネ賦課金は「3.36円/kWh」なので、削減効果は以下になります。

1440kWh×3.36円=4,435.2円/年



太陽光発電を後付けで失敗しないために

太陽光発電システムの導入は安い買い物ではないため、安易に価格で選ぶことはオススメしません。

工事の内容をしっかりと確認し、充実した保証・アフターサポート体制となっている販売店かどうかが重要になります。

エコでんちでは、住宅図面や衛星写真から太陽光パネルが何枚設置できるのか確認したり、ご家庭ごとの電気使用量やニーズに合わせた最適な製品の提案を行っています。

環境省認定資格「うちエコ診断士」がご家庭の電気代を最大限削減するためのアドバイスなども行っているため、太陽光発電の後付けをご検討の方はぜひお問合わせください。


メガソーラー等の産業用太陽光発電システムの販売を多く手がけてきた実績と
お客様第一主義を掲げたサービスにより、たくさんのお客様に選ばれています。

エコでんちが選ばれる理由

  • オンラインで非対面・非接触のご相談が可能

    ネット販売に特化することにより、ご自宅への訪問がないのでウイルス感染もなく安心、安全です。その代わりコールセンターと資料を共有できる最新オンラインシステムによりお客様の質問にお答えします。設置を希望される方は、ご契約後に設置調査のため施工技術者がお客様宅にお伺いします。

  • 環境省有資格者が最適な製品をご紹介

    環境省認定の公的資格である「うちエコ診断士」と「うちエコ相談員」の資格を取得した専門アドバイザーが、100種類以上ある蓄電池の中から最適な商品をアドバイスします。
    さらに太陽光発電システム・家庭の省エネ・省CO2対策や、家計診断サービスによる光熱費削減のアドバイスも可能です。

  • 超特価仕入れが可能にした業界最安水準でご提供

    グループ会社でメガソーラーなどの太陽光発電システムや産業用蓄電システム、そして風力発電システムを多数販売し、住宅用蓄電池や太陽光発電システムでも業界最大級の販売実績があります。
    各メーカーから大量仕入れすることで、低価格でのご提供を可能にします。

  • 施工実績12,000件突破!安心と品質の高い工事

    エコでんちは一般建設業の許可を所有し、ハウスメーカーと同様に責任感のある2重の保証体制を構築するために元請け施工を採用しております。
    各種メーカー施工IDを所有しており、施工内容や部材にもこだわった実績のある施工店のみと提携し、一般施工基準よりもさらに厳しい基準での工事をお約束します。

  • 業界初!10年自然災害補償+15年工事保証

    エコでんちなら全ての蓄電池(定置型)に保険会社と提携した自然災害補償を無料で10年お付けしているので、自然災害や盗難の心配もなく安心です。
    さらに工事瑕疵保証も保険会社と提携し業界最長15年間、最大1億円を標準でお付けしているので、導入後も安心です。

  • 業界最高クラス!充実のアフターサポート

    エコでんちではお客様サポートセンターを併設しており、ご質問やトラブルにも迅速な対応が可能です。
    さらに蓄電池はもちろん既設の太陽光やエコキュートなどの住宅設備、カギの紛失、水回りの不具合や遠方の身内の方の安否確認まで24時間365日対応可能な駆けつけサービスを1年間無料で付帯しています。
    ※翌年からは月額1,000円で継続利用が可能です。自動更新ではないのでご安心ください。

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP