お役立ち情報

電気代を安くする方法とコツ!今すぐに実践できる電気料金節約法5選

2021.10.08お役立ち情報

電気代を安くするコツ

電気代を節約するポイントをチェック

それでは電力会社との契約を確認したうえで、さらに電気にかかる金額を抑える方法を見ていきましょう。

省エネ家電に買い替えて電気代を節約

電気代を安くする方法として基本となるのが、家にある家電を省エネ化させることです。 買い替え時期が近づいてきている家電製品があれば、省エネ性能の高い製品へと買い換えるようにすれば安く抑えられます。 最近の家電製品は全般的に省エネ性能の高いものが多く、エアコンであれば2007年の製品と2017年の製品とでは消費電力量が約5%も違うそうです。 消費電力量の多い家電製品であれば、省エネ性能が高い製品に買い換えるだけで年間20,000円近くを削減できる可能性もあります。

参照:経済産業省資源エネルギー庁:エアコン

省エネ性能を重視した家電製品に買い換えれば、今までと同じ使い方でも消費電力量が抑えられるようになり自然と安くなるはずです。

日常生活を工夫して電気代を節約

日常生活で工夫することも、電気にかかる金額を抑える方法として効果的。 同じ家電製品を使っていても、使い方により消費する電力量は変わるためです。 たとえば、長時間使用しない電化製品は使い終わったときにスイッチをオフにしたり、コンセントを抜いたりすれば光熱費を低くできます。 その他、家電製品ごとに次のような点を意識して使うようにすると、光熱費が自然と抑えられていくはずです。

エアコン

エアコンで光熱費を低くするには、設定温度をなるべく室温に近づけて、使っている間はつけっぱなしにすることをおすすめします。

エアコンが電力を多く使用するのは設定温度になるまでの間なので、設定温度を室温に近づければ消費電力量は減ります。

そして、盲点となりがちなのは「頻繁に電源を入れたり消したりすると消費電力量が増える」こと。

設定温度になるまでの間に多くの電力を使用するため、設定温度になった頃に消し、室温が元に戻った頃にまたつける…ことを繰り返していると、エアコンは常に多くの電力を必要とします。

エアコンで電気にかかる金額を抑えるには、設定温度を室温に近づけ、頻繁にオンオフしないことだと意識しましょう。

エアコンの電気代はどれくらいかかる?節約方法もご紹介

照明

照明の使い方を工夫して電気にかかる金額を抑える方法は、LEDに切り替えることとこまめに照明を消すことの2つです。

LEDライトは蛍光灯や白熱球と比べて消費する電力量が少なく、一般的な電球と比べて約85%も少ないとされています。

参照:経済産業省資源エネルギー庁:照明機器

さらに、電源を入れるときに消費される電力も他の照明機器より少ないので 、LEDライトへと切り替えると大幅な削減効果が期待できるでしょう。

年間を通して、家にいるのに照明を使わない日はないと思います。

毎日使うものだからこそLEDライトに切り替えて使わないときは消すようにすれば、光熱費節約効果は大きくなるはずです。

冷蔵庫

冷蔵庫は気温にあわせて設定温度を調整し、庫内を温めないことが節約のためのポイントです。

冬は設定温度を高くし夏は低くするなど、外気の温度にあわせて設定を調整すれば冬の消費電力量を削減できます。

また、扉を開けている時間を光熱費を低くしたいと考えている方に向けて、電気代を安くする方法を解説する記事です。

毎月の光熱費が高い…、もっと低くしたい…と考えたとき、まず思いつくのは「電力会社の切り替え」ではないでしょうか?

電力自由化による電力会社を選べるようになってから、お得な契約法を打ち出している電力会社は多く見られます。

しかし、電力会社を切り替えなくても、日々の生活や電気の使い方に工夫をするだけで光熱費を安くすることは可能です。

そこで今回の記事では、光熱費が高いと感じたときに実践したい「電気代を安くする方法」をまとめてご紹介します。

記事を読んでいただければ、年間にして数万円ほども光熱費を低くできるようになるかもしれません。



電気代が高いと感じたら契約内容を確認

光熱費が高額なら、電気にかかる金額を抑える方法を探すことよりも先に「電力の契約」を確認しましょう。

現在は電力自由化により契約する電気会社を自由に選べますが、現在の電気会社との契約を続けるにしても電力の契約を見直せば光熱費を安くできるかもしれません。

たとえば、電気とガスを組み合わせた契約法を選択すると、安くなることもあります。 また、自宅にあった契約アンペアを選び直すだけで光熱費を低くできることもあるでしょう。

もちろん、今契約している電気会社よりお得な契約法を打ち出している電気会社に乗り換えることもひとつの方法です。

「光熱費が高い」と感じられるなら、電気代を安くする方法の基本として電力の契約を確認されることをおすすめします。

電気の契約を変更して電気代を節約

光熱費を安くしたいなら、電力の契約法の見直し・変更を行うことも大切です。

最初に「電気代が高いと感じたら契約内容を確認」の項目でも解説しましたが、電気の使い方が変わらなくても、電力の契約を変えるだけで安くなることもあります。

今の電力会社とどのような契約をしているかご存知でしょうか? 昼間は外出していて夜間しか在宅していない人であれば、夜間の電力料金が安い契約法を選ぶとお得になります。

反対に、昼間も夜間も変わらず電気を使っているお宅なら、通常の料金契約法の方がお得かもしれません。

電気の契約は一般的に夜間のほうが割安になっていますが、それぞれの生活スタイルにあわせて契約法を選べば電力の金額はより安くなるでしょう。

「電力自由化」とはどんな制度?概要や目的を紹介します

蓄電池を利用して節約

電気代を安くする方法として、蓄電池を利用することもおすすめです。

蓄電池を活用すれば、電力の金額が安い時間帯に電力を蓄えて、電力の金額が高い時間帯に蓄電池に蓄えられた電力を使えるようになるためです。

「電気の契約を変更して電気代を節約」の項目で、電気の契約は一般的に夜間の方が割安だと解説しました。

しかし、昼間は電気を使わない…という生活を送るのはまず無理でしょう。

そこで、電力の金額の安い時間帯に蓄電池にたくさんの電力を蓄えておけば、電力の金額が割高になっている時間帯に電気を使わなくて済むようになります。

蓄電池を導入すると1日あたり約90円ほど、1年にして約33,000円も電力の金額が安くなるとも言われています。

蓄電池を利用すれば効率よく電力を使えるようになるので、光熱費を安くする方法としておすすめです。


電気代を安くする方法は日常の中にたくさん

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、電気代を安くする方法がご理解いただけたと思います。

電力会社を切り替えることだけでなく、日常の中にも光熱費を電気にかかる金額を抑える方法はたくさんあるのでぜひ実践してみてください。

 

当サイトの運営元は家庭用蓄電池の販売をしています。

保証サービスが充実しており、100種類以上の豊富な蓄電池の中から各ご家庭に合ったプランを提案いたします。

家庭用蓄電池に興味のある方はぜひこちらを確認してみて下さい。


メガソーラー等の産業用太陽光発電システムの販売を多く手がけてきた実績と
お客様第一主義を掲げたサービスにより、たくさんのお客様に選ばれています。

エコでんちが選ばれる理由

  • オンラインで非対面・非接触のご相談が可能

    ネット販売に特化することにより、ご自宅への訪問がないのでウイルス感染もなく安心、安全です。その代わりコールセンターと資料を共有できる最新オンラインシステムによりお客様の質問にお答えします。設置を希望される方は、ご契約後に設置調査のため施工技術者がお客様宅にお伺いします。

  • 環境省有資格者が最適な製品をご紹介

    環境省認定の公的資格である「うちエコ診断士」と「うちエコ相談員」の資格を取得した専門アドバイザーが、100種類以上ある蓄電池の中から最適な商品をアドバイスします。
    さらに太陽光発電システム・家庭の省エネ・省CO2対策や、家計診断サービスによる光熱費削減のアドバイスも可能です。

  • 超特価仕入れが可能にした業界最安水準でご提供

    グループ会社でメガソーラーなどの太陽光発電システムや産業用蓄電システム、そして風力発電システムを多数販売し、住宅用蓄電池や太陽光発電システムでも業界最大級の販売実績があります。
    各メーカーから大量仕入れすることで、低価格でのご提供を可能にします。

  • 施工実績12,000件突破!安心と品質の高い工事

    エコでんちは一般建設業の許可を所有し、ハウスメーカーと同様に責任感のある2重の保証体制を構築するために元請け施工を採用しております。
    各種メーカー施工IDを所有しており、施工内容や部材にもこだわった実績のある施工店のみと提携し、一般施工基準よりもさらに厳しい基準での工事をお約束します。

  • 業界初!10年自然災害補償+15年工事保証

    エコでんちなら全ての蓄電池(定置型)に保険会社と提携した自然災害補償を無料で10年お付けしているので、自然災害や盗難の心配もなく安心です。
    さらに工事瑕疵保証も保険会社と提携し業界最長15年間、最大1億円を標準でお付けしているので、導入後も安心です。

  • 業界最高クラス!充実のアフターサポート

    エコでんちではお客様サポートセンターを併設しており、ご質問やトラブルにも迅速な対応が可能です。
    さらに蓄電池はもちろん既設の太陽光やエコキュートなどの住宅設備、カギの紛失、水回りの不具合や遠方の身内の方の安否確認まで24時間365日対応可能な駆けつけサービスを1年間無料で付帯しています。
    ※翌年からは月額1,000円で継続利用が可能です。自動更新ではないのでご安心ください。

お客様の声おすすめ記事

  • お役立ち情報


    【オール電化orガス併用】光熱費で損をしたくないならどちらを選ぶ?

  • お役立ち情報


    電気代の節約を行ううえで知っておきたい待機電力とは

  • 蓄電池


    今後の電気料金は2倍以上に⁉太陽光発電と蓄電池で自給自足を

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP