蓄電池

蓄電池市場の規模や将来性について解説!日本や世界の動向も

最終更新日:2022.12.01蓄電池

国内でも家庭用蓄電池を設置する家庭が増え、蓄電池システムが利用されるシーンが増えました。蓄電池の需要は年々増加の一途をたどっています。経産省の報告によると蓄電池の世界市場は2050年には約100兆円規模にもなると言われています。

私たちの生活に電気は欠かすことができません。電気を安定して使用するためには海外からの燃料依存を脱却しなくてはいけません。今後エネルギーシステムの多様化は加速し、太陽光発電や蓄電池の重要性は増すことでしょう。今回は蓄電池の市場について、国内や海外の現状をご紹介しながらくわしく解説していきます。今後蓄電池購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


蓄電池産業の現状を解説

蓄電池について簡単に解説し、世界的に拡大している蓄電産業の現状を分かりやすくご紹介していきます。

蓄電池とは

蓄電池とは、簡単に言うとバッテリーのことです。電力を充放電して繰り返し使用することができます。スマホやパソコンのバッテリーというとわかりやすいでしょう。蓄電池の利用シーンにはさまざまあり、EVに充電するために利用する自動車搭載用蓄電池や、家庭に必要な電気を利用するための家庭用蓄電池、再生可能エネルギーの安定化・電力貯蔵としての活用など多彩です。

世界は今、SDGsをはじめとした時速可能な社会を目指しています。日本でもカーボンニュートラルの目標が宣言されました。蓄電池はそのために必要な再生可能エネルギーの普及にも欠かせない機器です。今後のデジタル社会のインフラを支える重要な基盤のひとつといっても間違いないでしょう。

蓄電池の需要拡大にある背景とは

世界は温室効果ガス削減目標やカーボンニュートラルの達成に向けて、再生可能エネルギーの主電源化普及を目指し、蓄電池のサプライチェーン確率の政策を強化しています。デジタル社会へのインフラの移行、環境問題への解決などから蓄電池産業の需要は大きく伸びているのです。

国内では東日本大震災の影響からこれまでのエネルギー政策を大きく見直すこととなりました。化石エネルギーの需要を減らし、太陽光発電をはじめとしたクリーンな再生可能エネルギーの重要性が日本でも認識され始めたのです。すでに欧州などでは再生可能エネルギーのシェアは拡大しており、EVの普及にも目覚ましいものがあります。そのためエネルギーシステム構築の一環として蓄電池は非常に重要な役割を担うため、世界的な市場が拡大している背景があります。


世界と日本の蓄電池市場の現状とは

それではここから日本と世界の蓄電市場の動向の現状をみていきましょう。

日本の蓄電池市場の現状

日本は技術的に優位にいたため初期市場を占めていましたが、現在は中国や韓国に抜かれています。そのため蓄電池がグローバルに拡大していく中で、日本が蓄電池産業の競争力を復活させるために経済産業省は「蓄電池産業戦略」を発表しました。

さらに国内でいえば太陽光発電の余剰電力買い取り期間の満了が、2019年より始まったことから余剰電力を自宅に使用するなどの理由で、蓄電池の重要が伸びました。今後もユーザーニーズにそった蓄電池開発により、さらなる市場の活性化が期待されるでしょう。

 このような背景から日本国内の家庭用蓄電池の市場は、2023年度には約12000億円にものぼるという予測がたてられています。

世界の蓄電池市場の現状

世界でのEVの普及は目覚ましいものがあり、今後車載用蓄電池の需要は急拡大すると考えられています。車載用と比較するとゆるやかではありますが、定位置用の蓄電池も将来的に伸びていくことは間違いありません。家庭用蓄電池に関しては世界の市場は2030年までには451億米ドルにまでに達すると予測されています。

 アメリカや欧州などの主要国は蓄電池に対する大規模な政策支援も開始しており、アジアでは中国や韓国も補助金の矢税額控除などの大規模な支援策を講じています。各国は今後巨大化することが間違いない蓄電池市場に向けて着実な措置を開始しています。

また蓄電池は持続可能な社会を構築するための再生可能エネルギーにも必要な機器であることから、ESG投資や環境ビジネスの面でも注目されている市場なのです。


拡大が予想される蓄電池市場~家庭用蓄電池が必須な時代が来る?~

このように世界においても国内においても蓄電池の需要は向上しています。将来的には家庭用蓄電池は必須になる時代が来るかもしれません。しかし市場規模で言われても…と、ピンと来ない方もいるかもしれませんね。ここでは実際蓄電池にはどのようなメリットやデメリットがあるのかを簡単にご紹介し、その将来性について解説しましょう。

 蓄電池のメリット

蓄電池は電力を蓄えることが可能な機器。そのため貯蓄した電気を必要なシーンで利用することが可能です。ほとんどの電力会社は日中電気代が高く、夜間の電気代は安くなっています。蓄電池に夜間の安い電力を蓄えて、日中使用するようにすれば電気代の節約になります。

 また災害時に停電が起きた場合も、蓄電池に電気が蓄えられていればいざという時に電気を使用することが可能です。非常時に電気を使えることは大きな安心感につながります。

畜電池のデメリット

蓄電池設置にあたっては導入のための初期費用がかかることと設置スペースが必要という難点がありますが、ご予算に応じた蓄電池や場所を取らない大きさの蓄電池もあるのでそれほど大きなデメリットとはいえないでしょう。


蓄電池の将来性とは

蓄電池はEVをはじめとした移動手段の電動化においても重要な技術であり、今後再生可能エネルギーを主力エネルギーとするための媒体としても不可欠です。さらに日本がカーボンニュートラル社会を実現するためにも、日本のエネルギー構造のシステムは大きく変換していくことは間違いないでしょう。私たちの生活の中に蓄電池が欠かせないものになる可能性が多いにあります。

一般家庭における蓄電池導入のハードルがまだまだ高いことも事実です。しかし今後さらなる技術開発が進めば価格も下がり、購入しやすくなります。蓄電システムを駆使して、国民ひとりひとりがエネルギーの需要家になり、生産者となる未来はそう遠くはありません。

太陽光発電と同時導入がおすすめ!

ここまで蓄電池の市場規模と実際の蓄電池の必要性やメリット・デメリットを述べてきました。蓄電池のみを導入してもメリットは大きいですが、太陽光発電システムと併せて導入することで将来的なメリットはさらに大きくなります。なぜなら蓄電池は太陽光発電と非常に相性がよく、相乗効果でメリットを高めることが可能だからです。

そのためにも蓄電池購入を検討するなら、併せて太陽光発電の導入を検討することを強くおすすめします。

まとめ:家庭用蓄電池購入ならエコでんちにお気軽にご相談を!

蓄電池の市場の現状について、国内や海外の事例をご紹介しながら解説しました。

 現在東京都では太陽光発電設置義務化の動きがあるため、今後は蓄電池の導入の動きも活発化することが予測されます。

 電気料金の高騰や災害時の停電対策も含めて、蓄電池の必要性や市場はますます拡大することでしょう。

 「エコでんち」では、各メーカーの蓄電池の販売を数多く手がけてきた実績があり、さらにはお客様第一主義を掲げたサービスにより、多数の信頼と満足の声を頂いております。

 太陽光発電に関しては12,000件以上の施工実績もあり、保証制度も充実!

 24時間365日対応可能なサポートサービスも用意しておりますので、お引き渡し後も安心してご使用頂けます。

 蓄電池購入や太陽光発電の導入を検討されている方は、一度ぜひ「エコでんち」にご相談ください!

メガソーラー等の産業用太陽光発電システムの販売を多く手がけてきた実績と
お客様第一主義を掲げたサービスにより、たくさんのお客様に選ばれています。

エコでんちが選ばれる理由

  • オンラインで非対面・非接触のご相談が可能

    ネット販売に特化することにより、ご自宅への訪問がないのでウイルス感染もなく安心、安全です。その代わりコールセンターと資料を共有できる最新オンラインシステムによりお客様の質問にお答えします。設置を希望される方は、ご契約後に設置調査のため施工技術者がお客様宅にお伺いします。

  • 環境省有資格者が最適な製品をご紹介

    環境省認定の公的資格である「うちエコ診断士」と「うちエコ相談員」の資格を取得した専門アドバイザーが、100種類以上ある蓄電池の中から最適な商品をアドバイスします。
    さらに太陽光発電システム・家庭の省エネ・省CO2対策や、家計診断サービスによる光熱費削減のアドバイスも可能です。

  • 超特価仕入れが可能にした業界最安水準でご提供

    グループ会社でメガソーラーなどの太陽光発電システムや産業用蓄電システム、そして風力発電システムを多数販売し、住宅用蓄電池や太陽光発電システムでも業界最大級の販売実績があります。
    各メーカーから大量仕入れすることで、低価格でのご提供を可能にします。

  • 施工実績12,000件突破!安心と品質の高い工事

    エコでんちは一般建設業の許可を所有し、ハウスメーカーと同様に責任感のある2重の保証体制を構築するために元請け施工を採用しております。
    各種メーカー施工IDを所有しており、施工内容や部材にもこだわった実績のある施工店のみと提携し、一般施工基準よりもさらに厳しい基準での工事をお約束します。

  • 業界初!10年自然災害補償+15年工事保証

    エコでんちなら全ての商品(蓄電池・太陽光システム・V2H)に保険会社と提携した自然災害補償を無料で10年お付けしているので、自然災害や盗難の心配もなく安心です。
    さらに工事瑕疵保証も保険会社と提携し業界最長15年間、最大1億円を標準でお付けしているので、導入後も安心です。
    ※工事保証は工事中~10年目(瑕疵保険の上限)は保険会社の保証として最大1億円、10年以降~15年迄の瑕疵保証は上限100万円

  • 業界最高クラス!充実のアフターサポート

    エコでんちではお客様サポートセンターを併設しており、ご質問やトラブルにも迅速な対応が可能です。
    さらに蓄電池はもちろん既設の太陽光やエコキュートなどの住宅設備、カギの紛失、水回りの不具合や遠方の身内の方の安否確認まで24時間365日対応可能な駆けつけサービスを1年間無料で付帯しています。
    ※翌年からは月額1,000円で継続利用が可能です。自動更新ではないのでご安心ください。

お客様の声おすすめ記事

  • 蓄電池


    家庭用蓄電池の寿命と耐用年数はサイクル数で予測!長く使うコツは?

  • 蓄電池


    蓄電池は元が取れる住宅設備?費用や回収期間についてわかりやすく解説!

  • 蓄電池


    家庭用蓄電池の容量と選び方(容量計算・使い方)

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP