蓄電池

台風で我が家が停電に・・・

2018.12.19蓄電池

こんにちは、事務の石原です。

 

 

今回は、台風時の停電での体験談をお話させていただきます。

今夏の台風時の出来事です・・・。

 

 

 

ホントに今年は変な気候になることが多く・・・

台風も何度も来て、大変な目にあった方々は多かった1年でしたね。

私も大変な目にあった一人で、

9月の大規模台風で公共交通機関の運行停止により

就業時間も早く切り上げた日の出来事です。

 

外は、風も雨も大変ひどく家に引きこもったり、

避難所に誘導される放送に入った1日でした。

昼過ぎから夕方の間に台風は過ぎ去り、一安心と思ったその時です・・・

夕暮れ時、少し空が明るいという状況下でまさかのっ!!!

 

 

 

停電っ!!!!

 

9月と言えど、残暑で気温もまだ高く、

エアコンが欲しいくらいの中での停電!!!

ですが、3分ほど歩いた先は停電しておらず、すぐに復旧するであろうと

軽い気持ちで過ごしていました。

 

 

が・・・!

待てど暮らせど・・・電気がつかな――――いっ!!!

外、真っ暗―――――!

そしてなんと!

 

最近のトイレは電気が必要なトイレが多く、

トイレも流せな――――い!!!!

 

 

懐中電灯を探してきて、少しだけ家の中に明かりが・・・

 

 

こんなことは初めての経験に近く・・・

飼い犬でさえも不安で吠えまくり、震えまくり・・・

気が付けば、停電から2時間経っていました。

そんなに時間が経ってしまうと、冷蔵庫の中身もさようなら~~~。

ご飯を作る行為を諦め、車で10分ほどの地域に食事を済ませに出かけました。

 

「わんこ達、ごめんよ~少し待っててね・・・。」

 

足早に食事を済ませ、20時半頃には

「さすがに電気も復旧しているでしょ~」

なんて話しながら帰宅。

 

 

 

 

まさかのっ!!!

まだ復旧してない・・・おうち真っ暗。最悪・・・

 

 

 

でも後はお風呂に入るだけだし、

「お風呂はガスだから大丈夫でしょー」

なんて家族と話していました。

 

 

 

ところがなんとっっっ!

ガスの給湯器を設置していてもシステムの起動時に電気が必要だったのです!!!

 

 

 

まじか――――、まじか、まじか――――!!!

 

帰宅したにも関わらず、着替えをもって銭湯へ行かねば・・

父だけは、「もう出るのは面倒だ、電気が復旧しなかったら水風呂に入る!!」

と言い張り、自宅へ残ることになりました。

 

 

自宅から一番近い銭湯は車で15分ほどで着きます。

到着し入口まで歩いていくと、

 

 

「停電の為、営業を停止致します。」

 

・・・。

 

ここもか―――いっ!!!

 

やむを得ず、到着した銭湯から40分ほど先の銭湯へ・・・

みな、考えることは一緒なのですね・・・

 

なんと到着まであと5分の道路から大渋滞!!!

車から入口を覗いてみると、駐車場から溢れる車たち・・・

入口から中へ入れずに外まであふれる人々・・・

 

「だめだ、入っても綺麗になる気がしない・・・」

 

結局、銭湯に入ることを諦め、

最後に行った銭湯から50分先の親戚のおうちでお風呂を借りることになりました。

 

自宅に帰宅できたのは、23時半!!

停電から7時間程経っていました・・・・

 

 

親戚のおうちからの帰り道、まだまだ停電している地域も多く、

「不安な思いで就寝するのか・・・」

と思いながら帰宅すると、家の中に明かりがっ!!!

 

父が笑顔で、

「30分くらい前に復旧したぞ!!!」と。

 

暗いのを我慢して、自宅で待っていればゆっくりお風呂も入れたのに・・・

とはいえ、7時間以上も夜の時間帯に停電を経験したのは初めてで、

とても不安な日を過ごしました。

 

そんな時に、蓄電池が備わっていればお風呂もおうちで入れて、

ご飯も自宅で済ませられたと思います。

 

何よりも、冷蔵庫の中身をダメにすることはしなくて済みましたね・・・

 

電気のありがたみを身をもって実感した1日でした。

 








お客様の声おすすめ記事

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP