蓄電池

導入業者を決めるポイント

2018.12.14蓄電池

 

2018年から本格的に高まっている蓄電池の需要ですが、年末を迎え駆け込み需要が最近増えています。
その為、訪問販売や太陽光パネルを導入した業者からの連絡、ニュースなどで蓄電池の話題の話を耳にされることも多くなったのではないでしょうか。
そうした中で、お客様が一番頭を抱えるのは、導入業者の選び方ではないでしょうか。

当社へのお問い合わせでも、
「あまりにも購入を急かされるので、不安になり導入自体を再検討している・・・」
というご相談を受けることがしばしばあります。
高額で長く使うものだけに、安心して導入できなければ、何十年と不安を持ち続けなければなりません。

そこで今回は、蓄電池専門店の当社だけが知っている導入業者を選ぶポイントをお伝えしたいと思います。

これだけは確認してほしい!ポイント

価格の信頼性

まず、1000円でも安く買いたい!というのが皆さんの本音だと思います。
しかし安いものには必ず理由があります。

例えば、当社では「なんでこんなに安いの?」とよくお声を頂きますが、定期的にキャンペーンを行っており人気機種を通常よりお安く提供しております。
ただし!数量限定で行っており、終了してしまうと通常価格でのご提供となります。

また、母体となる会社が産業用の太陽光設備を取り扱っているため、メーカーと強いパイプを持つ特別な仕入れルートを確立しております。
その結果価格が抑えられているので、結果として他社様よりお安くご提供できる場合が多くあります。

「今日契約していただければ、20万値引きいたします」

「値段は下げられないので、〇〇お付けします!」

という言葉に注意していただくと、優良店か見極めるポイントになると思います。


いつでも連絡が取れる

置いて行った名刺に問い合わせしたら、担当者が不在。
蓄電池の知識がなく、説明を受けられない・・・といったことはございませんか?
導入前は頻繁に連絡が取れていたのに、いざ設置すると連絡が取れない。
なんてことにならない為に、一度会社へお問い合わせすることを、おすすめします。

当社の場合は、お客様専任の担当者がおり国家資格を持ったアドバイザーも在籍しております。
導入の際の不安だけではなく、導入後の質問にも丁寧にお答えするアドバイザーとしてのお付き合いをずっとさせていただきます。
長いお付き合いになることを前提に、安心したサポートをしてくれるかどうかが、優良店を選ぶ2番目のポイントになります。


施工IDをもっているか?

施工IDとは、設置に際してメーカーから認められているという証になります。
いくら販売店が優良店でも、施工業者が悪質では意味がありません。
その見極められるポイントが「施工ID」の有無。
打ち合わせをして、納得のいく工事をしてもらう為には技術はもちろん実績もなければ安心できません。

その点当社は、施工IDを持っていることを最低限に実績のある施工業者のみをご紹介いたします。
販売店だけではなく、施工店にも責任を持ち安心してご導入いただくことができます。
安心してしっかりご導入をのお考えの方は、一度当社へご相談ください。

お問い合わせはこちら








お客様の声おすすめ記事

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP