蓄電池

家庭用 蓄電池の導入メリット

2019.05.17蓄電池

今回は、家庭用蓄電池を導入するとどんなメリットがあるのか、をお話ししたいと思います。

既に太陽光発電を設置されている方は

「蓄電池を導入した方がいいの?」
「導入したいけど、実際はどうなの?」

と迷われている方が多いのではないでしょうか。

蓄電池は今、空前のブーム!

今後も需要が増えることが予想され、大きく注目を集めております。
そこで、まずは注目されている理由をお伝えいたします。

①「太陽光発電が普及している」
太陽光発電は日中に発電してくれます。
しかし夜間、雨の日は発電ができず電気をつくれません。
そこで、蓄電池があれば、晴れの日中に太陽光発電が発電した電気を貯めておき、夜間や雨の日に放電することができます!

②「自然災害による停電が発生」
近年、日本各地で自然災害による停電が数多く発生しました。
災害時にも電気を貯めて使うことができる蓄電池は、安心できることで注目が集まりました。

③「2019年問題(固定価格買取期間)」
固定価格買取期間が終了した後は、売電価格が大幅に下げられます。
そこで、電気を売電せずに電気を蓄電池に貯めれば、自家消費、自給自足した方がお得になります。

いかがでしょうか。
注目されるポイントが分かり、蓄電池についてますます知りたくなってきませんか?

しかし、実際は導入したらどうなるのか・・・?気になる「蓄電池のメリット」をご紹介!

 

①「太陽光と組み合わせ、自家消費できる」
太陽光と組み合わせることでさらにお得に!
太陽光発電でつくった電気を家で使いながら、余った電気を蓄電池に貯めることができます。固定価格買取期間終了後も自給自足が実現!

② 「深夜電力の活用で電気代削減」
深夜帯の安い電気を蓄電池に貯めて、日中に貯めておいた電気を使うことで差額分の電気代削減が可能!

③「災害時の備え」
万が一災害がおきてしまい停電になっても、蓄電池があれば電気を利用ができ、ご家族もご安心いただけますね。

④「太陽光のパワコン交換で経済的に」
蓄電池には、「単機能・ハイブリッド」の2種類があります。
単機能の蓄電池を導入すると、太陽光発電と蓄電池それぞれのパワーコンディショナーが付くことになります。
ハイブリッドは、現在設置されている太陽光発電のパワコンを取り外し、一新することが可能です。
つまり、1つの機器で2つの役割が可能になり一石二鳥!
古くなってきたな・・・と感じている太陽光発電システムのパワーコンディショナーが新しくなりますし、設置スペースも少なく済みます。

以上、メリットについてお話させていただきました。
蓄電池はメーカーや機種等、商品数が多くそれぞれ特徴がございます。
「蓄電池に興味はあるけど、自分の家にはどの蓄電池が合っているのか分からない・・・」とお考えの皆様!
そのお悩み、エコでんちにお任せください!
ご家庭に合わせた蓄電池を選ぶことが重要ですので、ご質問やご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
 
 

今なら、期間限定キャンペーン実施中です!(2019年5月17日現在)

皆様からのお問い合わせを、心よりお待ちしております!
 
 

フリーダイヤルでのお問い合わせはもちろん、LINE、お問い合わせフォーム、営業時間内であればホームページ右下のチャットからもお問い合わせが可能です。
AIは24時間対応をしておりますのでご質問のある方はぜひご活用ください!

お問い合わせはこちら


 

 


 
 

~補助金について~
2019年度中に固定価格買取期間が終了する56万人のほとんどが蓄電池の導入を検討するであろうことを考えると、この補助金が争奪戦になることは確実でございます。
補助金は先着順ですので、蓄電池をご検討中の方はお早目にご依頼くださいませ!

 








お客様の声おすすめ記事

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP