蓄電池

家庭用蓄電池の機能 全負荷タイプとは?特定負荷タイプとは?

2019.07.17蓄電池

 

蓄電池を探されている中で、必ず気になるのが蓄電池の機能についてですね。
けれど、200V対応商品、高出力、特定負荷、ハイブリッドなど

聞きなれない言葉ばかり並んでなんだかよく分からない・・・探すのが面倒になってきた・・・

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、蓄電池の機能にまつわる用語から「特定負荷と全負荷」についてご説明させていただきたいと思います。

簡単にご説明させていただくと停電時に使える電気の場所を指しています

特定負荷とは

事前にご指定いただいた特定エリアの電気を使用することができます。
商品によりますが、1520Aまでの回路を選択いただけます。
1520Aと言いますと、ご家庭に設置してありますブレーカーの中でも12回路分にあたります。
ですので、あらかじめ決めた冷蔵庫のコンセントやリビングのTVコンセントなど必要最低限の回路のみ停電時に使用できます。

全負荷とは

電気のご契約内容にもよりますが、60Aもしくは10kVA相当まで、すべての部屋で電気の使用ができるというタイプになります。
ほとんどのご家庭が多くても60A10kVAという契約ですので、家中の照明やコンセントがほぼいつも通り使用ができるイメージです。


それぞれのメリット

上記のご説明をさせていただきますと、全負荷の方が断然良い!と言われるお客様が多いのですが、実はそれぞれにメリットがあります。

◆特定負荷のメリット

・商品の価格が同容量で比較すると20万円前後お値打ち
・停電時に使いすぎる心配が無い
・コンパクトな商品が多い
・商品数が多いので比較して選ぶことができる

◆全負荷のメリット

200V対応商品が多いため、停電時にもエアコン・電子レンジ・IH・エコキュートを使用できる
・停電時も、いつもとほぼ変わらない生活ができる
・商品数が少ないため、絞りやすい

ご家庭の生活スタイルや、ご使用されている家電によりますがそれぞれに違ったメリットがあるため、ご要望に近いタイプをお選びいただくことがおすすめです。
では、実際にどのようなご家庭向けなのでしょうか。次の項目でご紹介します。


ご家庭別おすすめタイプ

◆特定負荷タイプが向いているご家庭

・導入費用を抑えたい
・停電時は最低限の電気が使用できれば良い
・一世帯家族
・ペットなどがいない
・小さいお子さんがいない
・ガス併用のご家庭

◆全負荷タイプが向いているご家庭

・せっかくなので充実した商品が欲しい
・人気商品が気になる
・二世帯家族
・全館空調を利用されている
・オール電化のご家庭
・ペットがいる
・小さいお子さんがいる

が挙げられます。
とはいえ、蓄電池は機能も価格も千差万別でございますので、個人でお探しされるのはとても大変な作業になります。

そんな時にご活用いただきたいのが、弊社のご相談ダイヤルです。
蓄電池のことはもちろん、ご家庭にあう蓄電池を生活状況からお探しいたします。
また、ご案内価格や工事のことなど何でも相談をお受けしますので、安心して蓄電池のご導入をしていただくことができます。

蓄電池の機能別検索は下記からでも可能です。

商品ページはこちら


お気軽にお問い合わせください

お住まいの地域の補助金やその他お得な情報など、蓄電池専門店だからこそ知っているお得な情報をご案内させていただきます。
弊社では、フリーダイヤルでのお問い合わせはもちろん

LINE、お問い合わせフォーム、ホームページ右下のチャットからもお問い合わせが可能です。
お問い合わせはこちら

 

 








お客様の声おすすめ記事

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP