蓄電池

太陽光発電と家庭用蓄電池の必要性は?停電体験談のまとめ

2021.01.19蓄電池

日本の災害イメージ

いつ起きるかわからない災害による停電。
いざという時の備えはできていない方がほとんどだと思います。

できれば平穏な生活をしたいのに想定外な災害はいつ起きてもおかしくありません。

日本は地震大国であり世界の20%の地震がここ日本で起きています
また近年では大型化している台風の襲来もあり停電に対するリスクは年々高まっています。

また南海トラフの確率が向こう30年で約80%もあり西日本から関東沿岸部の全世帯90%が停電になると予測されています。
出典:名古屋大学 減災連携研究センター「南海トラフ巨大地震における電力需給ギャップ」より

さらに発電所の多くが沿岸部にありここが被災してしまうと電力需給能力が現在の半分程度になり最大で2か月の計画停電が起こる可能性もあります。

そこで今回はyahoo災害ニュースに関するコメントを抜粋し実際に停電を体験した方からの貴重な体験談をまとめましたので興味のある方は参考にしていただければと思います。

簡単30秒蓄電池の見積り依頼

“エコでんちなら”100万円以上安くなることも!!
価格を比較してください

郵便番号を入力

停電に関するyahooユーザーコメント

ライフラインイメージ

東日本大震災の時もそうだったが、停電で暖を取れないとか、炊事をできない事はかなりきつい。緊急用に灯油のストーブが1台あればかなり違うと思う。
阪神淡路大震災の時は、ライフライン全て停まりました。カセットコンロと、灯油をいれるタイプの電源が乾電池のストーブが活躍しました。ただ、復旧が一番早かったのは電気で、1週間くらいで通電しました。次は水道、こちらは水道管の破損などもあり2ヶ月近く経ってから。ガスはさらに遅く、3ヶ月近くかかりました。ガスはやはり漏れたりがあると怖いし、一番時間がかかったのだと思います。なのでオール電化もライフラインがダメになるような事態では、活躍すると思います。
うちも去年の今頃台風の影響で4日停電が続き、8ヶ月の赤ちゃんと5歳の子供と車の中で生活してました。暑くて暑くて疲れはてていく子供達を見るのが本当に辛かった。
なのでせめてこの時期に停電になっても多少はしのげるようにポータブルバッテリーを買いました。扇風機あるだけでもだいぶ違うと思うので…。
気温が36℃の中、停電となればエアコンが止まり、家族やおばあちゃんも熱中症が心配となる。さらに冷蔵庫の中の食料品が全て駄目になる。ペットボトルの水も冷房が効かない部屋に置くとお湯になる。
9月の台風と停電はとても厄介である。
去年、北海道の胆振東部地震でブラックアウトを経験しました。電気が使えなくなりパニックに陥りました。水も止まるというデマも流れて本当に不安な時間を過ごしました。
正しい情報を流してくれるのはラジオだけでした。
本当に大変だと思いますがお体に気をつけて下さい。
1日も早い復旧を願っています。
小さい子供がいるので電気が使えない環境は過酷かなと。
都会住みの方などは騒音や、そして金額的にも難しい部分はありますが、電気以外は何とか都合つきますが電気はどうにもなりませんので備えが大事だと思います。

救急車イメージ

我が居住地区は名古屋だが沖縄より気温は高いとおもった。
湿度も高い、寝室で60%越えも頻繁。この時期、就寝中にエアコンが切れたら暑さで目が覚めます。
今年はほぼ就寝中は毎日クーラー(エアコンじゃない)を稼働させている。
最初はタイマーにしたら汗が噴き出して目が覚める。この年齢でこんなことしてたら脳梗塞になっても不思議じゃない。少しの我慢が短い生涯をより短くし場合によってはリハビリをしながらということもありうる。
自宅で医療機器を使用している方達は、停電すると命に関わりますよね。自家発電などできない家庭が多いと思いますが、皆さんどうやって切り抜けてるのでしょうか。心配です。
台風時の停電は、暑いけど窓開けられないから、かなり体力を消耗する。
子供の時、台風が来る度に夜中停電して眠れなかった。電柱が外に出てなかったら電柱が倒れたり、線が切れたりないだろうなと思った。
2年前に台風の影響で夜中停電になり復旧までに2日かかった。
暑かったし冷たいものも飲めないし飲食店も営業出来ず食事にも困った覚えがある。
これからは電気も自家発電で対応する時代かもしれない。太陽光など再生可能エネルギーを個々に採用すべきと思う
停電対策で発電機用のガソリン買ってきたけど、放火事件のあいつのせいで申請書書いたり免許証見せたり面倒くさい。
私の自宅も 去年台風で 千葉県ですが3週間以上停電で 死ぬかと 思いましたよ

ブラックアウトイメージ

災害で停電は今に始まった事ではない、太陽光発電と蓄電池、自家発電設備で最低でも144時間はエアコンを10台程度は動かす電力を供給できないとダメ。
寝苦しいでは済まない。
熱中症で無くなる方の相当割合が就寝中に亡くなっている。
就寝中に停電したエアコンが止まった室温があがった。目が覚めたらあの世だった。と こういうことが起きる?
やっぱ電気だよね~。発電機買っておこうか迷うわ~
西日本豪雨で停電しました。知り合い含め復旧まで1日〜2日かかりましたがその時は一度も開けなかったので冷凍庫も無事でした(今回はもっとかかりそうですね)
停電の影響で朝のスーパーが激混みし、水やパン、おにぎりは空っぽに近かったです
スーパー自体が停電で開いてない所もあったので事前に情報を仕入れて朝一に動く事をオススメします
スマホ充電は車で出来ます。機械がなければそれも朝一で買いに行ったほうがいいです。暑い中車中泊になる可能性が高いと思うのでガソリンを満タンにする事をお忘れなく
懐中電灯も必要です。部屋を明るくするには懐中電灯を上に向けて白いレジ袋を広げて被せるだけでマシになります
家にいても真っ暗でお風呂も入れない
仕方なく車で家を出ても飛散物や落下物があって道を塞がれている攻め電気があるところをとネカフェに行くがどこも満室。どうにもならないので自宅に帰り車で一夜を過ごす翌日身体中こわばってバキバキ状態そして駅に着くと電車が動いてません
会社に連絡したら上司が諦めモードで「休んじゃっていいよ、こっちもどうにもならないから」さてお休みになったわけだが、遠方まで(台風被害がない地域)まで車で行き大衆浴場で汗を流して強張った体をほぐしに行くかなw

以上、停電のコメントをまとめましたがいかがでしょうか?

 

関連コラム

気になったのが、
発電機を使うという意見もありましたが、外で使うのには音がうるさく近所迷惑になります。
しかたなく室内で使用すると一酸化中毒になり最悪死亡する事故も多発していますので、使用にはじゅうぶん注意が必要です。

 

関連コラム

停電には太陽光発電+蓄電池で万全の備えを

停電に備えるなら、電力を自家発電できる太陽光発電の導入を推奨します。

停電時には自立運転にすることで1,500Wまでの電力がつかえるのでスマホの充電やテレビは問題なく使用することができます。

ただし天気の悪い日や夜間は発電しないので使用することができません。

余裕があれば、蓄電池もセットで導入をおススメします。
大容量200V対応、全負荷型の蓄電池ならエアコン、電子レンジ、オール電化の家庭でも普段と変わらない生活ができます

蓄電池で停電を回避できたお客様の声はコチラ!

蓄電池で安心イメージ
いかがでしょうか。コロナ渦の時代にいつ起きるかわからない災害。
避難所や物資の購入にも密になり、かなりのリスクがともないます。

さらに近年は想定外では済まされない災害があたり前のように起きています。
長期停電が起こったときに太陽光と蓄電池があれば発電し毎日貯めて使え停電に強い家になります。

事前に備えることでいざという時大切な家族を守ることができますので事前に備えてみてはいかがでしょうか?

蓄電池一覧はコチラ!








お客様の声おすすめ記事

  • 蓄電池


    蓄電池の保証について

  • お役立ち情報


    家庭用蓄電池の「自然災害補償」10年間無料+「住宅駆けつけサービス」1年間無料

  • 蓄電池


    今後の太陽光発電システムと蓄電池の必要性(後付け・同時設置)

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP