蓄電池

オール電化の活用で得したい!太陽光+蓄電池でデメリットを克服する方法

2021.09.02蓄電池

家庭用蓄電池 オール電化でのデメリット克服

電気のみをつかうことで光熱費を削減して、安全性も高いオール電化にする家庭は年々増えています。

しかしオール電化には弱点もあるため、オール電化にすべきか悩む末に「ガスのままでいいや」と考えるのを辞めてしまった、なんて方も多いのではないでしょうか。

この記事では、オール電化のメリット・デメリットを確認したうえで、オール電化を最大限活用しながら、光熱費を最大限削減できる方法を紹介します。

簡単30秒蓄電池の見積り依頼

“エコでんちなら”100万円以上安くなることも!!
価格を比較してください

郵便番号を入力

オール電化とは?

オール電化は、キッチンやお風呂の湯沸かし、空調・暖房設備など生活する上でのガスをエネルギー源にしていた部分を電気に一元化する住宅のことです。

ガスを使わないことで火災やガス漏れなどによる被害のリスクを減らし、かつ災害時にもガスよりも電気のほうが復旧が早い傾向にあり安全・安心です。

加えてガスコンロからIHになることで、キッチンの掃除がしやすいことも人気のポイントです。


オール電化住宅のメリット

オール電化にするメリットは5つあります。

① 深夜料金を活用することで光熱費の節約が目指せる
② 基本料金を一本化できる
③ ガスによる火災リスクが減らせる
④ キッチンのお手入れがラク
⑤ 災害時にエコキュート内の水を利用できる

オール電化のメリット①:深夜料金の活用

電力プランは通常、電気を使えば使うほど料金が加算される「従量電灯」が一般的ですが、オール電化にしたりエコキュートを導入したりすることで夜間のkW単価が安いプランに変更できます。

エコキュートで節約

深夜の安い電気でお湯を沸かして翌日のお風呂などに使えるエコキュートや、炊飯器のタイマー機能の活用など、電気を使うタイミングを夜間にまとめることで、電気代の節約につながります。

オール電化のメリット②:基本料金の一本化

従来の各家庭の光熱費は、電気・ガス・水道それぞれを管理して節約できるポイントを探す必要がありました。

しかしオール電化にすることでガスが必要なくなります。

基本料金一本化

都市ガスなら900円前後、プロパンガスなら1800円前後かかっていた基本料金もかからなくなることで光熱費を抑えつつ、節約のための管理もしやすくなります。

オール電化のメリット③:ガスによる火災のリスクを低下

ガスを使わないことでガス漏れによる事故や、冬場の火災のリスクを減らすことができ、安全性が高くなります。

また、これにより火災保険が割引になることも多く、保険料も節約できるケースがあります。

オール電化のメリット④:キッチンのお手入れがラク

ガスコンロの場合、吹き出し口や金属部の焦げつきなどによる掃除の手間があります。

また、調理によってフライパンや鍋に焦げ付きができるのも悩みですよね。

IHの場合は、コンロの掃除は拭くだけ。

IHのお手入れ

更にフライパンや鍋に焦げ付きができることがないため、気に入った調理器具を長く使うことができるのもメリットです。

オール電化のメリット⑤:災害時にエコキュートの水を利用できる

エコキュートを導入することによって、電気代の節約だけでなく災害時に家族を守ることにもつながります。

370リットルや460リットルなどの水をタンクに貯めておくため、もし大規模な災害が発生し断水した場合に、タンク内の水を直接出して非常用水として利用することが可能です。

エコキュートのタンク内の水

衛生上、飲料水にはできませんが、洗い物やトイレなどに数日間は使えるため安心です。


オール電化住宅のデメリット

オール電化にすることでメリットだけでなく、デメリットも3つあるので注意が必要です。

① 昼間の電気が割高になる
② 停電時に電化製品が何も使えない可能性がある
③ 初期費用がかかる

オール電化のデメリット①:昼間の電気が割高

オール電化住宅の最大の落とし穴は、昼間のkW単価が割高なことです。

従来の「従量電灯」の場合は、決められた使用量を超えると単価も上昇して、使えば使うほど電気代が高くなります。

一方でオール電化の夜間が安いプランの場合、深夜の単価が割安な分、昼間の単価は割高です。

そのため日中に在宅が多く、電気もよく使っているご家庭の場合、オール電化にすることで光熱費が上がってしまう可能性があります。

(例)東京電力 「電化上手」の場合

東京電力「電化上手」例

そのため、タイマーを使ってなるべく電化製品は深夜帯や早朝で稼働させるようにしたり、昼間はなるべく電気を使わない生活をすることがオール電化住宅での節約の基本となります

オール電化のデメリット②:停電するとほとんどの機能が止まる

オール電化はもし停電が発生した場合、最も困ることになります。

ガスと電気を併用していれば、大規模地震などが原因でない停電でしたらガスは使えます。
一方で、オール電化にしていると停電してしまうとライフラインのほとんどがストップしてしまいます。

実際に長期停電を体験した方からは
「オール電化でキッチンも風呂も使えなくて困った」といった声が多くあがっています。

また冬場に停電が発生すると暖房器具も使えなくなります。

オール電化と言っても、災害対策としてカセットコンロや灯油の反射式ストーブなどを準備しておくことがオススメです。

オール電化のデメリット③:初期費用が高額

オール電化にするということは、エコキュートやIHを購入してキッチンや給湯設備を整えるということです。

そのため、当然ですが初期費用が高額です。

エコキュートだけでも約40~60万円、IHを合わせれば約60~100万円は設置工事も含めてかかります。

初期費用さえ払えれば、おおよそ10年で元が取れることもあり、さらに災害時にタンク内の水を使えるという防災の面から導入する家庭は増えています


オール電化を最大限活用するためには?

光熱費の削減にもつながるオール電化ですが、実は太陽光発電システムと組み合わせることでさらにお得に生活できるようになります。

オール電化 × 太陽光発電で光熱費をさらに削減

オール電化と太陽光発電システムを組み合わせることで、深夜の安い電気を活用しつつ、電気料金が割高な日中は、太陽光発電からの電気でまかなうことができるようになります。

太陽光で発電している間に家庭内で使いきれなかった電気は売ることができるため、さらにお得感が増します。

10年間は割高な単価で売電できる「固定買取制度(FIT)」があり、日中の電気を節約すればするほど売電収入は増えていきますよ。


オール電化×太陽光×蓄電池の組み合わせでオール電化の弱点を克服

オール電化をさらに最大限活かしていくなら太陽光発電システムだけではなく、蓄電池を導入しましょう。

オール電化×太陽光×蓄電池で弱点克服

オール電化×太陽光×蓄電池で電気代削減効果を最大に

オール電化 × 太陽光 × 蓄電池の組み合わせは、電気を極力買わない生活を目指すことができます

そうすると深夜の1番安い電気を活用してエコキュートでお湯を沸かしつつ蓄電池に充電し、朝に使う電気に充てることができます。

さらに日が出てくれば太陽光発電で昼間の電気を賄いながら蓄電池に充電し、夜間の電気に充てるという使い方をすることで、電気代削減効果は最大になります。

極論をいうと、太陽光発電と蓄電池の容量を最適なものにすれば、太陽光発電で作った電気で家庭内のすべての電気を賄うことも可能です

オール電化×太陽光×蓄電池で停電対策もできる

電気代削減だけでなく、オール電化の弱点である停電も、蓄電池を導入することでカバーできるようになります。

最近の蓄電池は、AI機能が搭載されているものも多く、気象警報が発生されたら停電に備えて自動的に充電します。

さらに、ご家庭の電気の使い方を覚えて、電気使用量の多い時間帯や曜日に合わせて最適な充放電を制御してくれます。

これによりオール電化住宅の節電効果を高めつつ、非常時にも備えられるため、オール電化の弱点を克服してくれます

もちろん、太陽光設備や蓄電池の容量、メーカーなどは各ご家庭の電気の使い方によって異なるので、気になる方は販売店で詳細な打ち合わせをオススメします。

関連コラム

簡単30秒蓄電池の見積り依頼

“エコでんちなら”100万円以上安くなることも!!
価格を比較してください

郵便番号を入力

保証もエコでんちにおまかせ! 会社概要を動画で見る

エコでんちが選ばれる理由

メガソーラー等の産業用太陽光発電システムの販売を多く手がけてきた実績と、
お客様第一主義を掲げたサービスにより、たくさんのお客様に選ばれています。

  • オンラインで非対面・非接触のご相談が可能

    ネット販売に特化することにより、ご自宅への訪問がないのでウイルス感染もなく安心、安全です。その代わりコールセンターと資料を共有できる最新オンラインシステムによりお客様の質問にお答えします。ご納得いただき、ご契約後、工事の打ち合わせで施工の技術者が下見にお伺いします。

  • 専門アドバイザーが省エネ&エコ生活をサポート

    環境省認定の公的資格である「うちエコ診断士」と「うちエコ相談員」の資格を取得した専門アドバイザーが、80種類以上ある蓄電池の中から最適な商品をアドバイスします。
    さらに太陽光発電システム・家庭の省エネ・省CO2対策や、家計診断サービスによる光熱費削減のアドバイスも可能です。

  • 超特価仕入れが可能にした業界最安水準でご提供

    グループ会社でメガソーラーなどの太陽光発電システムや産業用蓄電システム、そして風力発電システムを多数販売し、住宅用蓄電池や太陽光発電システムでも業界最大級の販売実績があります。
    各メーカーから大量仕入れすることで、低価格でのご提供を可能にします。

  • 施工実績10,000件突破!安心と品質の高い工事

    エコでんちは一般建設業の許可を所有し、ハウスメーカーと同様に責任感のある2重の保証体制を構築するために委託施工を採用しております。
    各種メーカー施工IDを所有しており、施工内容や部材にもこだわった実績のある施工店のみと提携し、一般施工基準よりもさらに厳しい基準での工事をお約束します。

  • 業界初!10年自然災害補償+15年工事保証

    エコでんちなら全ての蓄電池(定置型)に保険会社と提携した自然災害補償を無料で10年お付けしているので、自然災害や盗難の心配もなく安心です。
    さらに工事瑕疵保証も保険会社と提携し業界最長15年間、最大1億円を標準でお付けしているので、導入後も安心です。

  • 業界最高クラス!充実のアフターサポート

    エコでんちではお客様サポートセンターを併設しており、ご質問やトラブルにも迅速な対応が可能です。
    さらに蓄電池はもちろん既設の太陽光やエコキュートなどの住宅設備、カギの紛失、水回りの不具合や遠方の身内の方の安否確認まで24時間365日対応可能な駆けつけサービスを1年間無料で付帯しています。
    ※翌年からは月額1,000円で継続利用が可能です。自動更新ではないのでご安心ください。

お客様の声おすすめ記事

  • 蓄電池


    太陽光発電と家庭用蓄電池の必要性は?停電体験談のまとめ

  • お役立ち情報


    家庭用蓄電池の訪問販売に注意!だまされないためのポイントとネット販売の違いは?

  • 蓄電池


    日産リーフは蓄電池代わりになる?停電時に使える?

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP