蓄電池

オムロン蓄電池の特徴を解説!製品の価格や保証期間についても紹介

2020.11.19蓄電池

蓄電池のメーカーはたくさんありますが、そのなかでも高い人気を誇っているのが「オムロン」です。オムロンには複数の製品があるので、それぞれの特徴を理解したうえで設置を検討する必要があります。

ではオムロン蓄電池の特徴や価格について解説します。

オムロン蓄電池 エコでんち特別価格はこちら

簡単30秒蓄電池の見積り依頼

“エコでんちなら”100万円以上安くなることも!!
価格を比較してください

郵便番号を入力

オムロン蓄電池を選ぶポイント

オムロン蓄電池を選ぶポイント

オムロンというと体温計のイメージが強いかもしれません。
しかし太陽光発電のパワーコンディショナーなどを開発・販売しているメーカーでもあり、環境に優しい製品を作ることに注力しています。
では、オムロン蓄電池を選ぶポイントを2つ見ていきましょう。

1. 太陽光発電との組み合わせを考えている方におすすめ

オムロン蓄電池を選ぶポイントのひとつが、太陽光発電との組み合わせです。
すでに太陽光発電を家に設置している方であれば、蓄電池だけを後付けで取り付けたいと思うことでしょう。
一方、太陽光発電がまだない、太陽光発電システムを新しくしたい方もいます。
オムロン蓄電池であればそのどちらでも対応が可能です。
オムロンは蓄電システムで用いるパワーコンディショナーのパイオニアであるため、非常に高品質な製品を多く揃えています。
太陽光発電がすでにある家庭ではオムロンの単機能設置タイプの蓄電池、太陽光発電をセットで設置する場合にはハイブリッドタイプの蓄電池を選ぶとよいでしょう。

2. 単機能設置タイプでも豊富なラインナップ

オムロンを選ぶ別のポイントは、豊富なラインナップです。
単機能設置タイプであっても、長寿命タイプと容量重視タイプがあり、家庭の需要に合わせて製品を選べます。
15年保証が付いていて長期間使い続けられる製品もあれば、コンパクト設計なのに容量が大きいタイプもあります。
選択肢を多く持ちたいのであればオムロン蓄電池がおすすめです。


オムロン蓄電池の特徴

オムロン蓄電池には製品ごとにさまざまな特徴があります。
ではオムロン蓄電池の3つの特徴をシリーズ別にご紹介いたします。

1. ハイブリッド蓄電池「KP55Sシリーズ」

大人気のハイブリッド蓄電池がKP55Sシリーズです。
容量は6.5kWhで停電時でも安心して電力を使い続けられます。
大きな特徴は、太陽光発電によって作り出した電気を効率よく蓄電できるという点です。
オムロンが自信を持って開発した蓄電池と兼用できるパワーコンディショナーを設置することで、電気ロスを最小限に抑えることができます。
さらに非常にコンパクトな作りとなっているため、狭い設置場所でも問題なく取り付けられます。
蓄電池ユニットは奥行きわずか120㎜で屋内設置も可能です。
コンパクト設計であるだけでなく、軽量でもあるためクレーンなども必要なく工事代も節約できます。

2. コンパクトサイズの「KPAC‐Aシリーズ」

単機能型の蓄電池としてオムロンが提供しているのが「KPAC‐Aシリーズ」です。
業界でも最小・最軽量クラスの大きさで、設置場所に困らないのが大きな特徴です。
6.5kWhの製品は120㎜の奥行きで屋内に設置が可能な製品です。
一方で屋外に設置するタイプの9.8kWhの製品は、容量が比較的大きいにもかかわらず高さわずか542㎜と非常にコンパクトサイズです。
6.5kWh、9.8kWhという使いやすい2つの蓄電容量の製品を揃えているのも、消費者にはうれしいポイントです。

3. フレキシブル充電システム「KPAC-Bシリーズ」

すでに太陽光を設置していてオムロン蓄電池を単体で設置したいという方は、KPAC-Bシリーズに魅力を感じるかもしれません。
4.2kWhと必要最小限の小容量タイプで、低予算での蓄電池設置を検討している方におすすめです。
小容量タイプというといざというときに大丈夫だろうかと不安に思うかもしれませんが、実際には2サイクルが可能で実質8.4kWhの容量があると考えることができます。
しかも2サイクルで毎日使用しても、15年の保証付きなので長く使い続けたいご家庭にぴったりでしょう。


【住宅用】オムロン蓄電池の価格と製品ラインアップ

オムロン蓄電池には豊富なラインナップがあります。
5つの住宅用蓄電池の価格や特徴を解説いたします。

1. KP-BU164-S(KPBP-Aシリーズ)

16.4kWhという超大容量が魅力の製品です。
停電時・災害時でも電力の供給を受けられるので、安心して生活を送れるでしょう。
これほどの大容量でありながらサイズは490mm×1009mm×295mmと非常に小さく、設置場所にも困りません。
生活のスタイルによって単機能、ハイブリッド、全負荷型ハイブリッドなどのシステムを拡張することもできます。
メーカー希望小売価格は、システムによって530万~675万円(税込583万~742万5千円)です。

「オムロン16.4kWh」エコでんち特別価格はこちら

2. KP-BU42-A(KPAC‐Bシリーズ)

KP-BU42-Aの大きな特徴は充電と放電を何度繰り返しても保証が受けられるという点です。
この蓄電池により、昼間の太陽光発電で電気を貯めて夜間に使い、電力会社が安価に提供する夜間電力を購入して昼間に使うといった効率的な使い方ができます。
4.2kWhと小容量ですが、2サイクル利用が可能なので1日に8.4kWhと考えることができます。
充電・放電を繰り返しても15年後に容量70%以上を保証するというオムロンの自信が表れた蓄電池です。
クラウド接続を利用すれば蓄電池の状態をスマートフォンでモニタリングできるので、いつでも安心して使い続けられます。
メーカー希望小売価格は99万円(税込108万9千円)となっています。

「オムロン4.2kWh」エコでんち特別価格はこちら

3. KP55S

太陽光発電がすでに設置されているお宅でも設置可能な蓄電池です。
452mm×656mm×120mmという超コンパクトサイズで、場所を選ばずに設置が可能なのが大きな魅力となっています。
重塩害対応タイプもラインナップされており、海の近くでも問題なく設置可能です。
メーカー希望小売価格は251万円(税込276万1千円)です。

「オムロン6.5kWh KP55S」エコでんち特別価格はこちら

4. KP-BU65-A(KPAC‐Aシリーズ)

世界最小・最軽量クラスで、どこでも設置できる蓄電池です。
太陽光発電との組み合わせで3つの運転モードがあり、細かなニーズに対応します。
売電優先の経済モード、転電に備える安心モード、自家消費を優先するグリーンモードでそのときのニーズに応えます。
メーカー希望小売価格は251万円(税込276万1千円)です。

「オムロン6.5kWh KP-BU65-A」エコでんち特別価格はこちら

5. KP-BU98-B(KPAC‐Aシリーズ)

太陽光発電システムを導入している家でも、簡単に後付けできる低コストの蓄電池です。
自立タイプに加えて壁かけで設置できるタイプもあるので、設置場所がない場合でも問題ありません。
小型でありながら蓄電容量は6.5kWhと9.8kWhの2タイプあり長時間の電気の使用が可能です。
メーカー希望小売価格は税抜302万円(税込332万2千円)です。

「オムロン9.8kWh KP-BU98-B」エコでんち特別価格はこちら

簡単30秒蓄電池の見積り依頼

“エコでんちなら”100万円以上安くなることも!!
価格を比較してください

郵便番号を入力

オムロン蓄電池の保証と安全性

オムロン蓄電池の保証と安全性

オムロンの豊富なラインナップは魅力ですが、保証や安全性も満足度の高いものです。
耐震クラスSで、自然災害やほかのトラブルが起こっても壊れないよう、JISなど安全規格に対応した厳しい審査に合格したものを販売しています。
さらにKPAC-Bシリーズでは15年、KPAC-AシリーズとKP55Sシリーズでは10年の保証期間があり、長く使い続けても安心です。


【まとめ】

細かなニーズに合わせたオムロン蓄電池を選ぼう

オムロン蓄電池は各家庭の細かなニーズに合った性能を有しています。
太陽光発電システムはあるか、発電した電気をどのように使いたいかといった目的を明確にしたうえで、その条件を満たしたオムロン蓄電池を購入するようにしましょう。
オムロン蓄電池を設置すれば、災害時・停電時でも快適な生活を続けることができることでしょう。

各メーカーの価格相場や特徴で比較したい方は下記のページをご覧ください。
家庭用蓄電池の価格相場は?安く買う方法まとめ


 







お客様の声おすすめ記事

  • 蓄電池


    パナソニック蓄電池の特徴を解説!製品の価格や保証期間についても紹介

  • 蓄電池


    シャープ蓄電池の特徴を解説!製品の価格や保証期間についても紹介

  • 蓄電池


    ニチコン蓄電池の特徴を解説!製品の価格や保証期間についても紹介

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP