蓄電池

シャープ蓄電池の価格と特徴を徹底解説!

2020.10.29蓄電池

蓄電池を導入する際は、まずご家庭の電気使用量や設置スペースを考慮する必要があります。
国内有数のシェアを誇るシャープ製の蓄電池は、スリムで省スペース性に優れ、設置場所を選ばないのが特徴です。コンパクトタイプから大容量タイプまで、さまざまな蓄電容量の製品をラインナップしています。
この記事では、シャープ蓄電池の特徴や強み、製品の選び方について解説していきます。

シャープ蓄電池 エコでんち特別価格はこちら

シャープ蓄電池を選ぶ2つのポイント

シャープ蓄電池を選ぶポイント

ご家庭の電気使用量や蓄電池の設置スペースによって、適した製品は異なります。シャープ蓄電池を選ぶときは、次の2つのポイントを基準にしましょう。

1. ご家庭の電気使用量の大きさ

シャープ蓄電池は、ご家庭の電気使用量に合わせてコンパクトタイプ・ミドルタイプ・大容量タイプの3種類から選べます。
蓄電池の設置環境や電子機器との相性によって多少の誤差が出ますが、電気使用量の目安は次のとおりです。

 

蓄電容量

電気使用量の目安(3日間)

コンパクトタイプ 4.2kWh

冷蔵庫24時間/
+
テレビ3時間/
+
照明5時間/
+
スマートフォン充電1/

ミドルタイプ 6.5kWh

上記に加えて、
炊飯器1/
+
スマートフォン充電3/

大容量タイプ 8.4kWh

上記に加えて、
電気ケトル3/
+
扇風機6時間/

ご家庭の電気使用量が多い場合は大容量タイプかミドルタイプの蓄電器が、少ない場合はコンパクトタイプの蓄電器が向いています。
なお、シャープ蓄電器は2台接続が可能なため、同時設置により13.0kWhまで蓄電量を拡大できます。製品によっては、すでに蓄電器を設置済みの場合でも増設・後付けが可能です。

2. 屋外設置か、屋内設置か

家庭用蓄電池には屋外用・屋内用のモデルがあります。シャープ製の蓄電池のほとんどは屋外・屋内兼用ですが、ミドルタイプのJH-WB1711のように屋内用の製品もあります。設置場所に合ったモデルを選びましょう。
なお、屋内設置時は設置用金具が別途必要になるほか、設置場所の上部に約70cmの空間が必要です。


シャープ蓄電池の3つの特徴

シャープが展開する「クラウド蓄電池」には、次の3つの特徴があります。

1. 電気ロスの少ないオールインワン構造

シャープのクラウド蓄電池システムには、太陽光発電と蓄電池を1台で同時に制御できる「ハイブリッドパワーコンディショナ」が搭載されています。太陽光モジュール、蓄電池に1台ずつパワーコンディショナーを設置する必要がなく、昇圧装置や接続箱を経由する際の電気交換ロスが発生しません。ハイブリッド型蓄電池ならではのオールインワン構造により、賢く電気を使うことが可能です。

2. 設置場所を選ばないコンパクトサイズ

1台のパワーコンディショナーが太陽光電池・蓄電池の両方を制御するため、シャープの蓄電池システムは省スペース性に優れるのが特徴です。設置する必要があるのは、壁掛け1台のパワーコンディショナーと蓄電池本体だけ。蓄電池本体も簡易基礎を用いて設置可能なため、見た目がすっきりするのが特徴です。

3. 「蓄電池Webモニタリングサービス」で稼働状況を監視

シャープのクラウド蓄電池システムの最大の強みが、いつでもインターネットに接続可能な点です。「蓄電池Webモニタリングサービス」を利用すれば、インターネットを通じて、蓄電池の稼働状況をしっかり見守ってもらえます。万が一、蓄電池の動作に異常が発生した場合は、早期発見・早期対応が可能です。


【住宅用】シャープ蓄電池の価格と製品ラインアップ

シャープ蓄電池には、コンパクトタイプから大容量タイプまで、さまざまな価格帯の商品が存在します。
蓄電池の設置場所や、ご家庭の電気使用量に合わせて、次の4つの製品ラインナップから選びましょう。

1. 低コスト・省スペースに優れる「JH-WB1621」

低コスト・省スペース性に優れた製品が、こちらのJH-WB1621です。重量約77kgのコンパクトサイズで、屋外・屋内を問わず設置できます。蓄電池の設置スペースが限られたご家庭に適した製品です。屋外設置ならコンクリート面への簡易基礎工事のみで済むため、工事費用が安価で、工期も通常より短縮できます。

型式 JH-WB1621
メーカー希望価格
(商品価格のみ・税別)
1,800,000円
蓄電容量 4.2kWh
設置場所 屋外・屋内兼用
増設・後付け対応 ×
15年保証対応

「シャープ4.2kWh」エコでんち特別価格はこちら

2. 屋内設置ならコンパクトサイズの「JH-WB1711」

屋内に蓄電システムを設置する場合は、JH-WB1711がおすすめです。室内向けのスリムな設計がなされており、蓄電池上部に約70cmの空間があれば、どこにでも設置可能です。
JH-WB1621よりも蓄電容量が大きく、6.5kWhまでの蓄電が可能。省スペース性と蓄電容量を両立したい方にも向いています。

型式 JH-WB1711
メーカー希望価格
(商品価格のみ・税別)
2,500,000円
蓄電容量 6.5kWh
設置場所 屋内用
増設・後付け対応 ×
15年保証対応

「シャープ6.5kWh  JH-WB1711」エコでんち特別価格はこちら

3. 増設・後付け対応が可能な「JH-WB1921」

JH-WB1921は、パワーコンディショナーの設置後、5年以内なら蓄電器の増設および後付けが可能な製品です。「家中まるごと停電対応」にも対応しており、万が一落雷・断線により停電が発生しても、エネルギーの自給自足が可能です。
将来的に増設・後付けをお考えであれば、こちらのJH-WB1921が適しています。

型式 JH-WB1921
メーカー希望価格
(商品価格のみ・税別)
2,600,000円
蓄電容量 6.5kWh
設置場所 屋外・屋内兼用
増設・後付け対応
15年保証対応

「シャープ6.5kWh  JH-WB1921」エコでんち特別価格はこちら

4. 電気使用量の多いご家庭は大容量タイプの「JH-WB1821」

電気使用量が多いご家庭なら、蓄電容量8.4kWh、最大4kWの充放電が可能なJH-WB1821がおすすめです。太陽光発電システムを導入していないご家庭でも、安価な深夜電力を貯めて使うことで、月々の電気代を賢く節約できます。

型式 JH-WB1821
メーカー希望価格
(商品価格のみ・税別)
2,910,000円
蓄電容量 8.4kWh
設置場所 屋外・屋内兼用
増設・後付け対応 ×
15年保証対応

「シャープ8.4kWh」エコでんち特別価格はこちら


シャープ蓄電池は10年保証・15年保証で設置後も安心

シャープ蓄電池の保証と安全性

蓄電池とハイブリッドパワーコンディショナを同時設置すると、「10年保証(無償)」「15年保証(有償)」のいずれかのアフターサービスを利用可能です。

 

10年保証(無償) 15年保証(有償)
システム構成機器保証 ●  蓄電池本体
●  ハイブリッドパワーコンディショナ
●  電力モニタ
●  エネルギーコントローラ
●  ケーブル
●  電力センサー
●  RPRセンサー
●  蓄電池用コンバータ
容量保証 定格容量の60%まで 定格容量の60%まで
JH-WB1711のみ10年後以降は定格容量の50%まで)

有償の15年保証プランを契約した場合、シャープ製ならではのきめ細やかなアフターサービスを5年間延長できます。
また、蓄電池を増設・後付けした場合は、充電可能容量の「10年保証(無償)」を別途申し込むことができます。

 


【まとめ】

家庭用蓄電池の購入なら、省スペース性とアフターサービスに優れたシャープ蓄電池を

シャープ蓄電池は省スペース性に優れ、屋外・屋内ともに設置場所を選びません。きめ細やかなアフターサービスも利用でき、最大15年間のシステム構成機器・充電可能容量の保証プランを申し込めます。
これから家庭用蓄電池を購入する場合は、ご家庭の電気使用量や設置スペースに見合った製品を選びましょう。

お問い合わせはこちら


 







お客様の声おすすめ記事

  • 蓄電池


    パナソニック蓄電池の価格と特徴を徹底解説!

  • 蓄電池


    ニチコン蓄電池の価格と特徴を徹底解説!

  • 蓄電池


    最新☆2020年おすすめ家庭用蓄電池メーカー・機種別人気ランキング

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP