蓄電池

ソーラーローンの金利は安い?メリット・デメリットもまとめて解説

2021.07.01蓄電池

ソーラーローンの金利のイメージ

太陽光発電を導入するための費用は10年前と比較すると安価にはなりましたが、現在でも高額な費用がかかります。

初期費用が掛かるというイメージから、なかなか導入に踏み切れない人もいるのではないでしょうか。そこで考えたいのが「ソーラーローン」です。

ここではソーラーローンとは何か、メリット・デメリットや金融機関別の金利などについて紹介していきます。

簡単30秒蓄電池の見積り依頼

“エコでんちなら”100万円以上安くなることも!!
価格を比較してください

郵便番号を入力

ソーラーローンとは?

ソーラーローンとは、太陽光発電や蓄電池などの導入に際して 利用できる融資のことです。太陽光発電は普及が進んできたことで価格も下がってきていますが、それでもなお数十万~数百万円の高額な費用が必要になります。

世界中で再生可能エネルギーをさらに普及させる動きもあり、「うちも太陽光を設置したいけど費用が…。」という方のためにソーラーローンは存在しています。

ソーラーローンの利用は通常の融資よりも低金利で、かつ長期の返済期間を設定できるなど、金銭的理由から導入に踏み切れない方にオススメです。

ローンであるため現金一括の支払いに比べるとトータルコストはかかりますが、太陽光発電を導入することで以下のようなメリットがあります。

・太陽光で発電中は電気が自家消費できる
・停電時にも太陽光さえ出ていれば1500Wまでの電気が利用可能
・環境にやさしいクリーンなエネルギー生活を送れる など

こういった理由からソーラーローンを利用して太陽光発電を導入している方は少なくありません。

また利用にあたって頭金なしでも借りられるなど、ハードルが高くないのも特徴です。

金利のイメージ

関連コラム

ソーラーローンで借入するときのポイント

ソーラーローンは低金利なことが多いですが、金融機関によって変動金利と固定金利で分かれています。

変動金利の場合、固定金利と比較すると金利は低めに設定されていますが、将来的に金利が上昇すれば固定金利よりも返済額が多くなる恐れもあります。

一方、固定金利の場合は金利が固定されているため返済のイメージがしやすいというメリットはありますが、低金利のままで推移した場合は変動金利よりも返済額が多くなります。

変動金利と固定金利、どちらが自分の家庭に合っているかを考慮して、どの金融機関でソーラーローンを利用するか決めるとよいでしょう。

固定金利・変動金利のイメージ


ソーラーローンのメリット

ソーラーローンを利用する上でのメリットは以下の3つです。

① 長期間の融資が可能
② 頭金なしでも借り入れ可能
③ 太陽光設備が保証料の代わりになる

長期間の融資が可能

短期間の融資では返済負担が大きいですが、長いもので15年間の長期ローンが可能なため緩やかな返済が可能です。

太陽光発電なら電気代削減と売電収入もあるため大きな負担は感じないでしょう。

頭金なしでも借り入れが可能

審査さえ通れば、頭金が0円でも太陽光発電が導入できるのもソーラーローンのメリットです。

太陽光発電は今後も増え続けていくでしょうし、停電対策にもなるため「資金が少ないけど太陽光発電を導入したい」という方にはソーラーローンはピッタリでしょう。

太陽光が保証料の代わりに

一般的なローンに課せられる保証料が、太陽光発電の設備そのものが担保になるため不要です。そのうえ保証人についても不要で、上限1000万円までの融資が可能な金融機関がほとんどになります。

ただし、保証料を含めて金利や返済期間はソーラーローンに対応している金融機関ごとに違うため、確認が必要です。

太陽光が保証料の代わりになるイメージ


ソーラーローンのデメリット

ソーラーローンのデメリットについては、以下の2つが挙げられます。

① 固定金利か変動金利かで返済額が変わる
② 長期ローンで設備のトラブルがあった場合

先の項目でも紹介した通り、金融機関によって固定金利と変動金利どちらかが決められています。

変動金利では国の経済状況による影響を受けた場合は返済額が多くなりますし、固定金利では変動金利よりもあらかじめ金利が高めに設定されています。

また、返済期間が終了する前に災害などによるトラブルで設備の故障などが起きてしまう可能性もあります。

販売店や金融機関によって自然災害補償が付帯しているものもあるため、販売店で補償がついていなければソーラーローンは補償付きのものを選ぶと安心です。


主な金融機関・信販会社のソーラーローンの金利は?

ソーラーローンの金利相場は低いものだと1%台後半、高いところで3%未満です。

他のローンと比べると低い金利ではありますが、金融機関によって金利や返済期間、融資の条件などは異なるため、どこがいいのか充分に検討した方がよいでしょう。

ただし、下記の金利はあくまで一般的なものであり、提携している販売店によって条件が異なります。-当然ながら審査が通らなければ融資は受けられないので注意が必要です。

主な金融機関・信販会社の金利一覧 (2021年6月時点)

銀行名 金利 形態 返済期間 借入額
イオン銀行 2.5% 固定 1~15年以内 20~1000万円
三菱東京UFJ銀行 1.99~2.875%
※条件による
変動 6カ月~15年以内 50~1000万円
埼玉りそな銀行 2.35% 変動 1~15年以内 10~1000万円
山梨中央銀行 2.275~2.975% 変動 300万円以内:10年以内
500万円以内:15年以内
10~500万円
横浜銀行 1.7~2.7% 変動 1~15年以内 10~500万円
信販会社 金利 形態 返済期間 借入額
オリコ 2.5% 固定 15年以内 ~1500万円
ジャックス 2.5% 固定 15年以内 ~1000万円
セディナ 2.5% 固定 15年以内 ~1000万円
アプラス 2.5% 固定 15年以内 ~1000万円

ソーラーローンを組む際の注意点

できれば金利が低いところでローンを組みたいところですが、金利が低いところは審査が通りにくく、反対に金利が高めなところは審査も通りやすいです。

そのため、比較的金利が高めに設定されている信販会社の方が、銀行ローンよりも審査が通りやすいと言われています。

ソーラーローンを検討するときは、金利の安さに加えて審査に通るかどうかも考慮して決めるとよいでしょう。

ソーラーローンの金利を抑えるには?

ソーラーローンの金利をなるべく低く抑えるためには、当然ですが金利が低い金融機関を選ぶことです。ただし前述している通り、金利が低いところほど審査も厳しくなります。

また住宅ローンなど他に利用しているローンの借り換えによって金利を下げるのも方法の1つです。借り換えによって既存ローンの返済総額を少なくし、浮いた分で太陽光発電の導入に充てるという方法も、高額な設備を導入する足掛かりになるでしょう。


まとめ

太陽光発電を導入したくても高額な初期費用に尻込みしていたという方にとっては、ソーラーローンはオススメです。

もちろんローン=借金ではありますが、太陽光発電を導入する方の多くがローンを利用しています。それはやはり、電気の自家消費や災害に対する備えなど、太陽光発電を導入するメリットが大きいからでしょう。

太陽光発電だけでなく、家庭用蓄電池やオール電化製品にも使えるため、これからのエネルギー社会を見据えてソーラーローンはもっと活用されていくでしょう。

今後も世界中で普及が進んでいく太陽光発電に関心があったり、導入に際して費用面で悩んでいたりするのであればソーラーローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

簡単30秒蓄電池の見積り依頼

“エコでんちなら”100万円以上安くなることも!!
価格を比較してください

郵便番号を入力

保証もエコでんちにおまかせ! 会社概要を動画で見る

エコでんちが選ばれる理由

メガソーラー等の産業用太陽光発電システムの販売を多く手がけてきた実績と、
お客様第一主義を掲げたサービスにより、たくさんのお客様に選ばれています。

  • オンラインで非対面・非接触のご相談が可能

    ネット販売に特化することにより、ご自宅への訪問がないのでウイルス感染もなく安心、安全です。その代わりコールセンターと資料を共有できる最新オンラインシステムによりお客様の質問にお答えします。ご納得いただき、ご契約後、工事の打ち合わせで施工の技術者が下見にお伺いします。

  • 専門アドバイザーが省エネ&エコ生活をサポート

    環境省認定の公的資格である「うちエコ診断士」と「うちエコ相談員」の資格を取得した専門アドバイザーが、80種類以上ある蓄電池の中から最適な商品をアドバイスします。
    さらに太陽光発電システム・家庭の省エネ・省CO2対策や、家計診断サービスによる光熱費削減のアドバイスも可能です。

  • 超特価仕入れが可能にした業界最安水準でご提供

    グループ会社でメガソーラーなどの太陽光発電システムや産業用蓄電システム、そして風力発電システムを多数販売し、住宅用蓄電池や太陽光発電システムでも業界最大級の販売実績があります。
    各メーカーから大量仕入れすることで、低価格でのご提供を可能にします。

  • 施工実績10,000件突破!安心と品質の高い工事

    エコでんちは一般建設業の許可を所有し、ハウスメーカーと同様に責任感のある2重の保証体制を構築するために委託施工を採用しております。
    各種メーカー施工IDを所有しており、施工内容や部材にもこだわった実績のある施工店のみと提携し、一般施工基準よりもさらに厳しい基準での工事をお約束します。

  • 業界初!10年自然災害補償+15年工事保証

    エコでんちなら全ての蓄電池(定置型)に保険会社と提携した自然災害補償を無料で10年お付けしているので、自然災害や盗難の心配もなく安心です。
    さらに工事瑕疵保証も保険会社と提携し業界最長15年間、最大1億円を標準でお付けしているので、導入後も安心です。

  • 業界最高クラス!充実のアフターサポート

    エコでんちではお客様サポートセンターを併設しており、ご質問やトラブルにも迅速な対応が可能です。
    さらに蓄電池はもちろん既設の太陽光やエコキュートなどの住宅設備、カギの紛失、水回りの不具合や遠方の身内の方の安否確認まで24時間365日対応可能な駆けつけサービスを1年間無料で付帯しています。
    ※翌年からは月額1,000円で継続利用が可能です。自動更新ではないのでご安心ください。

お客様の声おすすめ記事

  • 蓄電池


    太陽光発電や蓄電池購入による失敗事例、損しないためにはどうすればよいか、トラブルを避けるために知っておく事と対策をお伝えします。

  • 蓄電池


    太陽光と蓄電池の必要性は?停電時(災害時)に家族を守れます!

  • お役立ち情報


    【無料】家庭用蓄電池の経済効果(費用対効果)シミュレーション

家庭用蓄電池およびその他
お問い合わせもお気軽にどうぞ

  • 0800-200-0037
  • CONTACTお問い合わせ・お見積り依頼はこちら

TOP